構図微調整の機能

ペンタックス・K-7(β版) + DA☆50?135mmF2.8 ED
 このK-7ではない別の新型カメラを持って、ちょっと遠くまで撮影に出かけておりました。その新型についてはまたいずれ、ということで、ひとまずはK-7の水平自動補正と構図微調整の話の続き。

 水平自動補正の機能はON/OFFの選択ができる。補正できる角度は、手ブレ補正(SR)をONにしているときとOFFにしているときとでは多少異なる。SRがONの時はプラスマイナス1度だが、OFFにしておけばプラスマイナス2度の傾きまでを修正補正してくれる。ぼくの場合は、知らないうちに2度までも傾くことは、いくらなんでもそれはないので、SRは常時ONにしたままにして水平自動補正の恩恵にあずかっております。三脚などを使ってフレーミングに厳密にこだわるときは自動水平補正はOFFにするけれど(ONにしておいても、それなりの利用価値はある)、撮影中に自分でも気づかないようなごくごくわずかな傾きを自動補正してくれて、とっても効果あり、気分良好なので頻繁に利用している。


 構図微調整の機能はライブビュー撮影のときに活用できる。手持ち撮影でも、利用することはできなくもないけれど、やはり三脚にカメラを固定した状態で使ったほうがいい。カンタンに言えば「宙」に浮いた撮像センサーを手動により上下左右に微妙にシフト(平行移動)したり、あるいはほんのわずか回転させて構図の修正ができるというもの。ちょうどアオリ機能の備わったレンズを使っているのと同じような効果が出せる。根本的に違うのは、レンズのほうは光軸をシフトさせるのに対して、K-7では撮像センサーをシフトさせることだ。
 シフト量は上下左右方向に各「1mm」、回転角度は左右方向に「1度」まで。回転角度は少しわかりづらいが、1mmのシフトは相当に効果があって構図が大きく変化するのを実感できる。23.4×15.6mmのセンサーの実画面が上下左右に「1mmも」動くのだからねえ。メカニズム的には「2mm」までシフトすることもできなくもないらしい。ただし、2mmシフトするとDAレンズの一部で画面端でケラレがでてしまうとのことと、回転補正との“共用”ができなくなるなどの理由で今回のK-7では「1mm」にとどめたとのこと。

 でもしかしだよ、K-7はDAレンズだけでなく、フルサイズ判用のFAレンズやSPレンズも使うことができるのだから、そうしたレンズならイメージサークルも大きくケラレる心配もないはずだ。もし可能ならば、ファームウエアをバージョンアップして、ぜひ2mmまでシフトができるようにして欲しいと思っている次第でありまして、もし有志がおられるならば、「K-7で2mmシフトを可能にする会(圧力団体)」を設立して、ぼくがその会長になってもよろしいですぞ、と、まあそれくらい2mmシフトを熱望しております。