「はじめてのオレ専用カメラがきた」

キヤノン・PowerShot D10
 じつに愉しい動画を見つけましたよ。YoutTube。これを見つけたのは一ヶ月ほど前のことなのだが、いまでもときどき思い出したように見て愉しんでおります。
 こどもが自分用のカメラとしてPowerShot D10を父親に買ってもらって大喜びしている様子を撮っている動画なんだけど、こどもの表情もしぐさもいい、動画の撮影も編集もうまい。とくに、ラストシーンでこどもが自分のD10を抱きしめるようにほおずりをして喜ぶ様子を見ると、D10ともキヤノンとも直接関係のないぼくでも、ついニコニコしてしまうほど気分がいい。

1分間ちょいの短い動画 なので、ま、いちどご覧になってみてはどうでしょうか。いきなり、こどもの大声がしますのでご注意。


 このD10を企画したり開発したキヤノンの人たちにとっては、自分たちが作ったカメラをこんなにも喜んでくれることに、きっと「感激」するに違いない、とそう思ってその関係者数人にYoutTubeのURLを送って知らせた。ところが、その反応が、うーんなんと言えばいいのでしょうか、冷めているというかあっさりしているというか。
 いわく、「D10は水にも衝撃にも強く、こどもが手荒く扱っても壊れる心配もありませんが、こどもには少し高価なカメラですね」とか、「こどもがストラップで首を不用意に絞めてしまわないかと見ていてどきっとしました」とか、あるいは「幼い頃からカメラを使い撮ることに慣れ親しむ環境を作ることが写真文化の継承につながります…」、などといったメールが返ってきて、まあ、なんと“情”のない“味気ない”人たちなのかと正直、意外(がっかり)でしたね。
 …そんなもんなのかなあ、ぼくがむやみに感激しすぎなのかなあ。