K-7の視野率100%

ペンタックス・K-7 + DA☆50?135mmF2.8
 「なぜ、視野率100%にそんなにこだわるのか?」、といった問い合わせがぼくのところにあった。なのでカンタンにここでお答えしておく。なお、視野率なんてべつにどーでもいいよ、視野率100%の有り難みなんてぜーぜんわからん、と思っておられるなら、それはそれで御勝手になさればイイのであって、ぼくの考え方に同調せよなどと毫にも言うつもりはない(と、こういうふうに子供に話をするように言ってやらないとわからない人がいるようで困ったもんだ)。

 視野率100%は、フィルム時代からずっと一貫して一眼レフカメラにとって理想の機構だった。見たままがそっくりそのまま写るのが一眼レフカメラ。そのためには視野率100%はなんとか達成すべき機構の一つだった。さらに、一眼レフカメラがデジタルカメラとなって、カメラに液晶モニターが搭載されるようになって視野率の重要性はいっそう高まった。撮影後すぐにその場で「視野率100%」の画像が映し出され、いやがおうでもリアルタイムで見せつけられるようになった。ところが光学ファインダーはといえば相変わらず視野率は100%以下だ。光学ファインダーを覗いてどれだけ正確にフレーミングして撮影しても、その直後に液晶モニターに、いま範囲を決めて撮ったはずの写真と違う、画面周囲に余計なモノが写り込んだ画像が映し出される。こうして、ファインダーの画像と実際に撮った画像の「ズレ」がよりいっそう顕著に実感させられるようになってきたわけだ。

 この視野の「ズレ」をできるだけ少なくして、デジタル一眼レフカメラで気持ちよく写真を撮るためには、よりいっそう視野率100% ―― つまり、光学ファインダーの像、液晶モニター画面の像、実際に撮った写真の範囲が同じであること ―― が大切になってきているといえるのではないだろうか。


 視野率の「100%」に、ぼくは、なにがなんでもとことんにこだわっているわけではない。限りなく100%に近づいてくれればいいだけだ。95%が97%になるなど、光学ファインダーと液晶モニター画面との「視野ズレ」ができるだけ少なくなってくれればいい。100%はあくまで理想だ。そりゃあそうだろう、視野率100%の一眼レフカメラに仕上げるには技術的にもコスト的にも大変な負荷がかかってくる。難易度はめちゃくちゃ高い。それを「どうしてもヤレ」と言っているわけではないのだよ、わかっておられるかな。
 ただ、ここでぼくが言いたいのは、ペンタックスのK-7が、技術的にもコスト的にも従来のカメラ作りの常識を打ち破って、コロンブスの卵のような手法を使って(その手法についての詳細は省略、自分で調べてね)、そして低価格で、あっけらかんと視野率100%の一眼レフカメラを作ってしまったということなのだ。そこんところを他社のカメラ設計者はぜひ肝に銘じて、がんばって欲しいと思うわけ。

 「画面の端っこに余計なモノが写ってたってそんなもん見なけりゃイイだけだ」「トリミングすりゃあいいじゃないか」「写っている写真の真ん中だけを見ればいいじゃなか」、なんてことをしれっとした顔をしていうから ―― 実際そう言う人がいたのには驚いた、いや、べつにイインだけどね、そーゆー人はどーでも ―― でも、だからといってですよ、視野率100%の一眼レフカメラは「必要ない、作らなくてもいい」というのは、そりゃあめちゃくちゃな意見ですね、と言いたいです。