高倍率ズーム内蔵薄型軽量コンパクト

リコー・CX2(量産試作機)
 仕事がとりあえず一段落したから今日は少し早めに帰ることにするか、とテーブルの上のカメラを3台ほどバッグに放り込んで夕暮れ時に六本木の事務所を出た。昨日のことです。次の広尾の駅まで歩こうと少しスナップしながら六本木ヒルズを抜けて横道をたどる。結局いつもそうなのだけど、2?3台のカメラを持って歩いていても使うのはその中の1台だけで、あとのカメラはダミーウエイトになってしまうことが多い。昨日もそうで、もっぱら手にして写真を撮っていたのはCX2だけ。

 しかし、このテの薄型ボディの高倍率ズームレンズ内蔵のコンパクトカメラというのは、使い始めるとその“便利の魔力”に惹きつけられて、やたらに撮ってしまう。ナニを見ても撮りたくなってしまう。歩き始めてすぐに薄暗くなってきたのだけど、そんなことお構いなしに歩きながらどんどん撮る。広角も望遠もマクロも撮れる。手ブレ補正と高感度(といってもあまりたいしたことないけど)も活用して撮れる。それが愉しくなってきて広尾の駅を過ぎて、恵比寿の自宅まで約1時間ほどの夕暮れスナップ散歩をしてしまいましたよ。


 上の写真はその夕暮れスナップ散歩のほんの一部。ここをクリックすると少し拡大した写真が見られるけど高感度ばかりだしブレてるのもありますよ。

 CX2のような約10?12倍ほどの高倍率ズームレンズを内蔵した薄型コンパクトカメラは、各メーカーから売り出されていて(ニコンだけが7倍ズームだけど)、ざっとスペックを見比べてみると、どの機種も広角側が24?28mmぐらいあって望遠側は250?300mmあたりまでカバーしている。すべての機種には手ブレ補正の機能を搭載していて画素数もだいたい1000万画素クラスの1/2.3型CCDで、液晶モニターは23?46万ドットで2.7型から3.0型(中でこのCX2だけがセンサーがCMOSで液晶モニターは92万ドット)。

 とにかくですよ、28mmあたりの広角から300mmもの望遠が撮れてクローズアップ撮影もへっちゃら、小さくて薄くて軽いボディでそこそこ良く写る、となると、大きくて重くて高価な一眼カメラを持って歩くとなると、ますます“それなりの覚悟”が必要となってくる。画質とAFスピードぐらいしか(いまのところ)レンズ交換式の一眼カメラの優位性がなくなってきたのかな、と考えるのはムチャかなあ。