お礼と、お知らせ

キヤノン・EOS 7D+EF-S 15?85mmF3.5?5.6 IS USM
 先日、ここでお知らせしました、ぼくの新刊本(アスキー新書「デジタル一眼・撮影術入門」)のプレゼントですが、多くの方々に、コメントとともに応募していただきました。ありがとうございました(コメントを読むのがとても愉しかった)。編集の大島さんが抽選をして(そういうことがあっという間にできてしまうソフトがあるんですってねえ)5名の人が選ばれました。もうすでに発送しているはずですので、当選の人には手元に届いているはずです(もし選に外れた人は、ぜひ書店で見つけてください、なお、カメラ関係のコーナーではなく、新書本が置いてあるところです)。遅くなりましたが、お礼と、お知らせ。

 お知らせ、といえば、ついでなのでもう1つ。
 ここの9月9日のブログで、IXY DIGITAL 930 ISには素晴らしいAF追従機能があるのに、それを使いこなそうとすると厄介な設定をせねばならず、そりゃあないだろう、と書いていた。しかし、それは通常のプログラムAE撮影のときのハナシであって、完全カメラ任せのグリーンモードではディフォルト設定になっている。そのことをコメントしておかなかったので、少し誤解を招いたようで、キヤノンの人からも(こんなとこ、読んでるんだねえ)やんわりと指摘があった。
 いずれにしても、その930 ISのタッチパネル操作のAF追従撮影機能はなかなかの優れもので、カメラ屋さんの店頭でもよろしいからぜひ試してみる価値はあります。


 さて注目のEOS 7Dだけど、ほんとうに「おやっ?」と感じた大きな点が、もう1つある。ぼくとしては、とっても困ることなんだけど、いや、べつにどーでもイイよという人もいるだろうし、おおっ、それは良かったと逆に喜ぶ人もいる、というように評価の分かれる変更点だ。
 オートホワイトバランスの補正傾向が、従来のEOSシリーズから7Dで大きく変わったことだ。いちばん違うのはタングステン光源下で撮影したとき。7D以前の機種では(ずっと以前の機種は別だけど)、タングステン光のアベイラブルな光は強く補正せずにオレンジ色のままに残していた。キヤノンのAWBは“あっけらかん”としてぼくは好きだったのだけど、ところが7Dでは一転、タングステン光を補正する方向に転換した(コンパクトカメラのように極端に補正するわけではなく、ほんの少しだけだけど)。たとえばEOS 50DとEOS 7DをAWBにして同じシーンで撮り比べてみると一目瞭然でその違いがわかるほど。

 EOS 7Dを単体で使うぶんにはそれほど気にならないかもしれないけど(いや、ぼくはめちゃくちゃ気になるけど)、しかし他のEOSシリーズのカメラと一緒に使うと「おやっ?」ということにもなりかねない。このへんは、使いこなす上でちょっと注意しておくとよろしいでしょう。(AWBがちょっと不安定、というよりも、ややピーキーになっているのも気になるけど)