『 GR DIGITAL S 』

リコー・GR DIGITAL III
 もう“時効”だからいいだろうし、こどもみたいに自慢もしたいし、それにそのネタは雑誌 ―― つい先日、発売された『RICOH GR DIGITAL III パーフェクトガイド』デジタルフォト編集 ―― にも(チラッとだけど)出てしまったことなので、ええい、もう言ってしまいますけど、世界にたった一台のカスタマイズした GR DIGITAL(初代)をぼくは持っておるんですよ。
 この写真を見れば、GR DIGITALフリークの皆さんは、たぶん、おおっ、と声が出るに違いないでしょう。テレコンやワイコンなどを取り付けるためのマウント部とホットシューの金具をシルバーに特別変更したものだ。もともとの製品版はどちらも地味なブラックである。

 マウント部にはブラックのリングキャップがあって、多くのユーザーはそのリングキャップを付けっぱなしで使用している。ぼくはワイコンをよく使うのでリングキャップは常に外したままにしているのだが、そうすると、ほれこんな具合に、ブラックのマウントのほうはもうひとつパンチに欠けるしマウント部がナンだか中途半端でスマートさにも欠ける。そこで、思い切ってマウント部をシルバーにしてみたらどうだろうか、とリコーの企画の人に相談をしたわけです。


 それを受けて、一台だけ試作してもらったのがこのシルバーマウントモデル。「GR DIGITAL S」である。うーむ、これはかっこいいぞ、ウケるぞ、とぼくは思ったのだけど、ま、諸般の事情もあって ―― マウント部をシルバーにするだけで思った以上に手間がかかる、結局、製品化されることはなかった。しかしこれが少しきっかけとなって、マウントリングのシルバータイプなどがオプションで出回った。
 で、その試作の GR DIGITAL S がひょんな巡り合わせで、「とりあえず記念にどうぞ」と、ぼくのところにやってきたわけだが、「ただし、おおっぴらに見せびらかさないでくださいね、内緒の一台ですので」と、条件がついた。と、いわれても、これは目立ちすぎる。見せびらかしたいが見せられない。GR DIGITAL好きの人にはすぐに見つかってしまう。実際、これはだいぶ前の話になるのだが、デジタルフォト誌がGR DIGITALのMOOKを出版するときにユーザー対談をやったのだけど、その席にブラックのリングキャップをしてシルバーが見えないように隠して持って行ったのに、出席者の一人にめざとく見つけられてしまったことがあった(その時は、見なかったことにしてね、とお願いをしたんだけど)。

 と、まあそんな具合でありまして、でも、GR DIGITAL IIIも発売になったことだし ―― 残念なのはIIIでも、ブラックマウントモデルだけなんだよなあ… ―― このシルバーモデルはもう時効だろうということで、ここで堂々とお披露目しました。もし、おおっこれはイイぞ、と思われた人は、リコーにどしどし“圧力”をかけて GR DIGITAL III のシルバーマウントモデルを作ってもらうようにしましょうよ。