「Photo Style」の「宵」

リコー・GR DIGITAL III
 GR DIGITALシリーズ(3機種)の中では最新型の「III」がいちばん素晴らしいデキだ。文句なしに「III」がいい。最新のカメラだから当たり前じゃないか、というのは重々承知のうえ。「I」から「II」にモデルチェンジしたときは、正直に言いますけど、ふーんこんなものなのかなあ、と感じていた。しかし「II」から「III」はそれとは大違い。使ってみると、決しておべんちゃらでもなんでもなく、これはいいぞ、良くなったぞ、と大いに感心感動をさせられた。「II」の現ユーザーが気分を悪くするような言い方になってすまないけれど、「III」を一度使ってしまうと、もう、あほらしくて「II」なんか使ってられるか、という気分になる(ほんとゴメンなさいね)。いいや、この印象はナニもぼくだけでなく、数人の「III」ユーザーからも同じような話を聞いた。

 モデルチェンジでここまで“飛躍的に”良くなったカメラというのは、コンパクトカメラではもちろん、デジタル一眼でもそうそうはないだろう。少なくとも、ぼくの長いデジタルカメラ経験をかえりみても、ほとんど記憶にない。


 「III」が発売されたとき、まだ市場に残っていた「II」の価格が安くなった。前々からGR DIGITALが欲しいと思っていた人が、「今が買い時だ」と、「II」を買おうとしたようだ。事実、ぼくにも、そうした相談をしてきた人がいた。それに対してぼくは、好きにすれば、と言えばいいのにお節介にも、「いいや、 II を買うのは止めたほうがいいよ、少しぐらい高くても III を選んだ方がゼッタイにいい」と、アドバイスした。むろん、その気持ちはいまも変わらない。

 いったいなにが良くなったか。撮像素子そのものも良くなったし、画像処理も良くなったし、スピーディーにもなったけれど、なによりもレンズが素晴らしく良くなった。レンズ性能が良い。たったこれだけのことで、こんなにも写りが違って来るのかと、いまさらながらあらためて実感した次第だ。現行のコンパクトデジタルカメラの中では「写りの良さ」という点についてはナンバーワンだろう。ダントツ、と言い切ってもよい。

 光がたっぷりとある好条件であれば、どんなへぼなカメラでもそこそこの写りはする。しかし、問題は光量の少ない悪条件での写りだ。GR DIGITAL III はそうした条件でも、ほんと良くがんばるじゃないか、と褒めてやりたいほどの写りをしてくれる。ここがいちばん感心した点であり、実際に、光の少ない薄暗い悪条件ばかりでたくさん写してみて強く実感したことだ。そのぼくがGR DIGITAL III で撮った写真は ―― テレくさいのでずっと黙っていたけれど ―― リコーのホームページの片隅の目立たないここのギャラリー「Photo Style」のコーナーで見ることができますからして、気が向いた人はどうぞ。