ALFA ROMEO GIULIETTA SPRINT

キヤノン・PowerShot G11
 G11についてのあれこれ、前回からのつづき ―― 以下、月刊カメラマン誌で毎号やっているコラム、「開発者、出てこい!」のノリになってしまうけど。

 最近のキヤノンのカメラ開発の姿勢に期待していただけに、ハズされると、期待する側(ぼくのことだ)としてはその反動、反発もついキツくなる。これを読む側の諸兄はそのへんのことをほどほどに差し引いて受け取ってもらいたいのだけど ―― レンズは旧モデルG10のまんまでナンの改良もない。そっくりそのままの流用であることも不満だった。決して悪いズームレンズではないが、まだ改良すべき点もあったのではないか。そりゃあ、レンズの設計をやり直すのは、相当なコストと手間と時間がかかるのは、重々わかっちゃいるんだけど…。
 今回G11が使用しているソニー製の高感度タイプ1000万画素CCDは、高い実力性能を備えていて、レンズがもっと良ければそのポテンシャルをフルに引き出して、キヤノンなら、とびきりの素晴らしい画質に仕上げることもできたはずなのに、と、惜しく思っていたわけだ。

 動画モードはあるけれど、ハイビジョン動画が撮れない。フルHD動画はおろかHD動画も撮れない。
 なんだかんだと言っても、G11はキヤノンのコンパクトカメラの中ではフラッグシップ機種になるはずだ。なのに、いまどきVGA動画しか撮れないなんて、キヤノンですぞキヤノン。なのにHDMI端子はしっかりあるし(HD動画も撮れないのにHDMI端子なんぞいらないぞ)、そのうえ、フルHD/HD動画の処理にも優れた機能を盛り込んでいるはずの DIGIC4 を搭載している(これ宝の持ち腐れじゃないのか)。


 G11にフルHD/HD動画の機能がないのは、たぶん、使用しているソニーの撮像センサーにフルHD/HD動画撮影の機能がないからだろう(同じセンサーを使っているS90もそうだ)。これはキヤノンのせいじゃないと言えなくもないが、でも、キヤノンのチカラをもってすればですぞ、ソニーといえども独自カスタマイズしてもらって何とかできたんじゃないか、とぼくは考えるわけだ。

 そして、あれだけ強く要望し続けているのに、高感度ノイズリダクションの機能を入れようとしない。
 なにもIXY DIGITALにそれを入れろとは言ってるわけじゃない。Gシリーズクラスともなれば、もうそろそろデジタル一眼と同じような高感度ノイズリダクション機能を搭載してもいいのではないのか。G11は高ISO感度に強い優れた撮像センサーを使っているのはよくわかるんだけど、それでも画像をよく見るとカメラが勝手にガシガシとノイズリダクション処理をかけて、解像感を落としているのがはっきりとわかり、それを見るたびに不愉快になる(メーカーを問わず、いまの高感度ノイズリダクション処理はぼくは生理的にきらい)。OFFにする選択肢ぐらいユーザーに与えてくれよ。

 最高感度はISO12800だ、コンパクトカメラでは快挙だ!、と豪語するけれど、じゃあ、その高感度はどのようにすれば自分で選択して撮影することができるのか、たぶんできないと思うのだが、いまいちよくわからん。ISO6400の設定もそうだ。
 ISO感度ダイヤルではISO3200までしか設定できない。つまり、ISO12800とISO6400は「ローライトモード」という一種のシーンモードを選ばないと出てこない。正確に言うと、ローライトモードは完全自動オートであるから手動でISO感度の設定はできない(WBなどなどの設定もできない)。せっかく搭載した“自慢”の高感度なのだから ―― もちろん画質が悪くなることや、画素補間処理をして画像サイズが小さくなることは承知の上で ―― それをシーンに応じて自分で選んで使ってみたいじゃないか、そう思いませんか、はい。(もし、手動設定できる方法を知ってる人がいれば、ぜひ教えて欲しい、ひょっとするとぼくのハヤトチリかもしれないからして)