電磁波の不要輻射

オリンパス・E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 14?42mmF3.5?5.6
 E-P2が発表されたとたんE-P1ユーザーから大ブーイングが出て、それが今も続いているぞ、と聞いた。数ヶ月前に買ったばかりなのに「もう新製品を出すのか」というものや、液晶電子ビューファインダー(EVF)が欲しかったのに「E-P1ではそれが使えないじゃないか」というもの、E-P1のブラックボディが欲しかったのに「今ごろ黒ボディなんて出して」というものであるらしい。で、オリンパスに対して非難囂々のようだけど、でもオリンパスにもいろいろと「都合」があってのことだろう。ただ、もう少しウマく立ち回ればいいのに、やることがいささか“ぶきっちょ”ですよね。

 ブラックボディが次機種のために用意されていることや、外付けEVFが使えるカメラがすぐに出てくることは、多くの人が「なんとなく知っていた」ことだ。
 もちろんぼくも、E-P2が(そのカメラ名さえ容易に予想できるじゃないか)発売されることはだいぶ前からうすうす知っていた。言うまでもないことだが、オリンパスがそんなことをほのめかすワケはない。エプソンが高精細なEVFをオリンパスの新型カメラのために作っているらしい、という、うわさ話をぼくが聞いていたからだ(EVFがエプソン製であることはオリンパスはいっさい黙して語らず)。
 というと、「おまえ、知ってたんならここに書けよっ」と筋違いないちゃもんをつける人がキッといるだろうけど、バカなこと言っちゃイカンよ、そんなシリアスなこと、ここに書けるわけない。そもそも、ここに書いてあることなんて、あんた、ウソありハッタリありチャランポランあり、なんですぞ。そのデタラメを続けることがモットーであるこのブログの精神に反するじゃないか。


 といった冗談(か、な)はともかくとして、E-P2用の外付けEVF ―― オリンパスでは「ライブファインダー」と命名している ―― は素晴らしい見え具合であります。144万ドットという高精細もすごいけど、ファインダー倍率が1.15倍でファインダー光学系がこれまた良くできていて、画面周辺部までクリアーで歪みもボケもほとんどない。ボディ背面の23万ドットの液晶モニターなんぞまったく見る気がなくなるほど。EVFは今後、もっともっと良くなっていくだろうけど、現行のカメラ用EVFとしてはいちばんイイのではないか。少し前にパナソニックからGF1用に20万ドットの、同じような着脱式のEVFを出しているが、その見え具合はオリンパスのそれに比べれば、グリコのおまけ、みたいなもんだね。

 数ヶ月前の「デジタルカメラマガジン」のGF1の開発者インタビュー記事だっだけど、20万ドットの低解像のEVFをあえて採用せざるを得なかったのは、コネクター部から出る電磁波の不要輻射を防ぎきれなかったからだ、と。ドット数が増えれば大変な不要輻射が出る。今の技術ではその対策をとるには大変に困難。だから20万ドットのEVFにした。20万ドットでも機能的には十分だ、と。インタビュー文面では、なんだかとても自慢そうに語っていた。その記事を読みながら、ああ、もうすぐ144万ドットや92万ドット(リコーのGXR)の外付けタイプのEVFが出てくるというのに、そんなこと堂々と公言しなくてもいいのに、自分たちの技術の低さをさらけ出すことになるのに…と老婆心ながら感じておりました。
 その、たった1、2ヶ月のあとにオリンパスもリコーも、パナソニックの数倍のドット数があるEVFの、そのコネクター部からの不要輻射の問題をなんなくクリアーして ―― なんなく、ではなく相当に苦労したようだけど ―― 製品化してきている。