「ib」はタコもタコ、大ダコだ

オリンパス・μ-7040
 オリンパスのコンパクトカメラがSDカードを採用することとなり、これでようやくHD動画がスムーズに撮れるようになった。xDピクチャーカードをあきらめてSDカードに移行した最大のきっかけがHD動画に対応することだった、といっても過言ではない(もちろん他にもいろいろ理由があったのだけど、いまは敢えてそれには触れない)。これでようやく「他社並み」にHD動画が愉しめるようになった。とはいえ、動画サイズは1280×720pixelの720pのMPEG-4で、1920×1080pixelの1080pフルHD動画は撮れない。
 でも、まあ、いいよ、今のところは、これで。動画フリークでもないふつーの人たちが動画を愉しむには720pで十分だと思う、とくにコンパクトカメラで撮る動画は、ね。

 いままで長く続けてきたxDカードをオリンパスはいきなり切って捨てたわけで、その“お詫びのシルシ”として、新型カメラにはすべての機種に約1?2GBの内蔵メモリーを搭載することにした。その内蔵メモリーをウマく活用すれば、あらたにSDカードを買い足す必要もない(と言い切るのは少しムリもあるけれど)。
 内蔵メモリーの容量は機種によって異なるがこのμ-7040は「約2GB」である。「約」というのは、その内蔵メモリーの一部をカメラのワーキングソフトのために使用しているためで、実質的には1.6GBぐらいがフリースペースになる。


 約2GBの内蔵メモリーの中には、新しい画像アプリケーションソフトである「ib」やPDFファイルなどを内蔵させていている。カメラを使い始める前にPCにUSB接続すると ―― カメラのメインスイッチを入れると「カメラをPCにつなげ」だとか「初期設定しろ」だとかウルさいことを始めに言ってくるのだ ―― それに従うと、有無を言わさず「ib」や使用説明書のPDFファイルなどがPCに自動的にインストールされてしまう。

 インストールされた「ib」を起動させると、まず初めに、PCのHDDにため込んだ画像を「ib」に読み込ませてデータベースを作ろうとする。指示が出る、どうするか、と聞いてくる。こんなふうに、だ。「ib」はいままでの「OLYMPUS Master」の後継となるもので、ま、いってみれば画像管理ソフトである(Windows用だけでMAC用はなし、これは甚だしくオカシイ)。

 指示に従って、なにも考えずに、はいよっ、と、大容量の画像データを「ib」に読み込ませたとたん、さあタイヘン。ぼくの不注意、と言えばそれまでだけど、もうニッチもサッチもいかなくなり、結局、PCのリセットボタンを押して強制終了してしまいましたよ。
 あんまりムカついたので、すぐさま「ib」を我が大切なPCから削除。こんなタコなソフトを勝手にインストールするなよ、ほんとに、もう。

 ああそうそう、カメラのことだけど、μ-7040は良いコンパクトカメラでした。コレといった特徴的なところはないけど、ムリなく仕上げられた軽快なカメラ。なーんにも文句のないカメラでありました。