良く写るし使ってて気持ちの良いカメラだけど

リコー・GR-D III
 以下は、GR-D IIIを使っている人に、ちょいと聞きたいことあり、のハナシだ。

 (1) メインスイッチをON/OFFしたときにレンズが沈胴するが、その出たり引っ込んだりする時に「ジィジジィー、ピロンッ」と音がするの、あれイヤだなあと感じたことないですか。じつに安っぽいジィジジィー音がするんですよね、ピロンッはまあいいとしても。
 ぼくは、それがめちゃくちゃ気になる。どうにかならんか、といつも思うわけです。手元にあるGR-D IIのほうが音が小さく、こちらのほうがまだ少しは“高級感”あり、なのに。

 (2) 連写モードにしてワンカットずつ撮影するときと、単写モードでワンカットずつ撮影するときとで、“次のカット”を撮るときのタイムラグが違うの、気になりませんか。単写モードだと、チャッチャッとリズミカルに撮れるんだけど、連写モードにしたとたん(理由がさっぱりわからないのだけど)、ワンカット撮るたびに画面真ん中に「記録中」と表示が出て短時間だけど“待たされ”る。これ、気になりませんか、気になったことありませんか。


 (3) メニューで連写モードONを選んでも、一度メインスイッチをOFFにするだけで、せっかく設定した連写モードONがチャラになる。リセットされる。連写モードはメインスイッチのON/OFFにかかわらず設定ONを継続することができないのだ。マイセッティングのモードに「登録」しておけるが、なぜそんなややこしいことになっているんだろうか。理屈はともかく、これイヤなんだよなあ。

 ぼくは連写モードにしたからといってダダーッと撮ることはめったになくて、ふだんはワンカットずつ狙い定めて撮ってはいるんだけど、うおっ、と感じたときに連続してスカスカッと数カット連続で撮りたいことがよくある。だからGR-D IIIではフルプレススナップONにして常時、連写モードONで撮影したいわけ。でもGR-D IIIではメインスイッチONのたびに連写モードをONしなくちゃならんし、連写モードでワンカット撮りをすると、なんだかめちゃくちゃイラつくんですよこれが。

 こうゆー小さな“文句”をリコーに言うと、ムカシは、なんとかしてみましょう、と聞く耳を持ってくれていたのだけど ―― そこがリコーの良さ、だった ―― 最近は、ユーザー層が幅広く分厚くなってきてリコーカメラの価値もブランドもぐんぐんとアップしてきたから、やや自信満々、というわけでもないが、そういう気配が感じられ、ちっちゃなことなんぞどーでもよろし我慢しなはれ、という態度が見え隠れすることもなくもない。
 ということで、ここはGR-Dユーザーがチカラを合わせてリコーに“文句”を言おうではないか、と、まあぼく一人の微力ではどにもならんので、今日は、仲間集め、というわけです。 ―― twitter で意見交換やってます ――

 こうした小さな不満はあるけれど、でもやはり、使ってて気持ちの良いカメラなんだよなあ、これが。