好きなレンズと好きなカメラ

キヤノン・EOS 5D+EF85mmF1.2L II USM
 30Dから5Dに持ち替えただけではそれほどの違いを感じないのだけど、ファインダーを覗いて見た瞬間、別世界にはいったような感じがする。そうなんだよなあ、一眼レフってこれなんだよなあ、ファインダーはこんなふうに見えなくちゃあなあ、とひとしきり感心する。いやあ、いまさらだけどやはり5Dは良いカメラですねえ。
 30Dもそうなんだけどボディ背面、サブコマンドダイヤルの横っちょにあるマルチコントローラ、この便利な操作ボタンにもっともっと機能を振り分けてくれれば、30Dも5Dもいま以上に格段に使いやすくなるはずなんだけど、なぜなんだろうか、ほんの一部の機能しか分担させていない。たとえばオートブラケッティングのときに、このマルチコントローラでブラケッティングシフトできるようにするとか、再生画像を拡大表示したものを標準サイズに戻すときにマルチコントローラの中央押しでイッキに戻れるようにするとか、そのほかこれを使ってやりたいことがいっぱいあるんだけどなあ。


 85mmF1.2レンズのフォーカシング機構ことを“間抜けな”と悪態をついてしまったけれど ―― コトバがキツかったですね、反省 ―― それは85mmレンズの“唯一”の欠点だとぼくが思っていたからで、だからと言ってこの85mmのぼくの評価が揺るぐものではない。いまあるキヤノンのEF/EF-Sレンズ群のなかで、お気に入りのレンズを3本選べ、といわれれば、まっさきにこの85mmF1.2レンズを取り上げたいほどなのだ。ちなみに、あとの2本は、と問われれば、悩みに悩んでEF14mmF2.8L USMと、EF300mmF2.8L IS USMかなあ。300mmは、数あるサンニッパレンズの中では一つアタマが抜き出た優秀なレンズだ。
 85mmF1.2は1989年秋に発売されたと昨日も述べたけれど、同時にこれまた名レンズのEF50mmF1.0L USMが発売された。その当時は50mmF1.0のほうに注目が集まっていて、85mmF1.2のほうは少し横に置いてきぼりだったような思い出もある。50mmF1.0も85mmF1.2も、いままでにさんざん使ってきたが、使いやすさ、絵づくりのしやすさという点で言えば文句なしに85mmのほうだった。ぼくの撮影技量のいたらなさなんだろうけれど50mmF1.0にはいつも手を焼いた。使いこなしの難しいレンズだったなあ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL