GXRはあれこれ“夢”が広がるカメラですねえ

リコー・GXR+P10 28?300mmF3.5?5.6 VC
 撮像センサーとレンズと画像処理エンジンがセットになった「カメラユニット」をまるでレンズ交換するように交換するタイプのカメラである。じつにユニークなカメラシステム。大変におもしろいカメラシステム。とっても“夢”のあるカメラシステム。素晴らしい拡張性を秘めたカメラシステム、なのだ。このGXRの「広がる夢」にどこまで期待するかどうかで評価が分かれてしまう。
 リコーが今後、GXRでどのような展開を狙っているかがぼくにはうすうす見えているから(それは内緒)、おもしろいカメラシステムと評価しているのだが、そこが見えない人たちにとっては(想像力のチカラの問題もあるだろうけど)、なかなか理解しづらいカメラなんだろうなあと思う。

 新しい話題やモノを見たとき、まず(上から目線で)否定し非難してからでないとハナシがすすめられない人がいたり、逆に、おおっエエじゃないですかおもしろいですねえと(楽天的に)肯定してハナシを盛り上げていこうとする人がおりますけれど、ぼくはどちらかといえば後者のほうで、だからといっちゃナンだけど、GXRのことは現在、大評価大期待しているわけです。
 もともとぼくはリコーのカメラが好きなんだが、そのうえGXRについてはやや贔屓の引き倒しの感なくもない(と、少し自己反省…)。


 「カメラユニット」は、液晶モニターやメモリーカードスロット、バッテリー、シャッターボタンやカメラ設定操作部などを備えた「ボディ」に取り付けて使う。
 「ボディ」には「カメラユニット」だけでなく超小型プリンターやスキャナー、通信装置などなどのユニットをセットして使用することもできる(こうしたユニットは現在は企画段階でまだ具体的な製品化には至っていないが、遠からずそれらの中のいくつかが製品として出てくると思う)。

 GXRのカメラユニットには、マクロ50mm相当レンズ+APS-Cサイズの約1240万画素CMOSセンサー(A10カメラユニット)、24?72mm相当ズームレンズ+1/1.7型の約1000万画素CCDセンサー(S10カメラユニット)の2つが用意されている。
 そこに今回、新しく28?300mm相当ズームレンズ+1/2.3型の約1000万画素CMOSセンサー(P10カメラユニット)が加わったというわけだ。28?300mm相当の高倍率ズームレンズも1/2.3型CMOSセンサーも、リコーのコンパクトデジタルカメラのCX3に採用されているズームレンズと撮像センサーと“基本的には”同じもの。CMOSセンサーは毎度おなじみの裏面照射型。(つづく…)。