P10とCX3の違い

リコー・GXR+P10 28?300mmF3.5?5.6 VC
 P10カメラユニットの28?300mm相当のズームレンズはCX3内蔵のズームと“基本的に同じ”なのだけど ―― 7群10枚構成でそのうち4枚5面が非球面レンズであることも、開放F値も最短撮影距離も同じ ―― ただし、1つ2つ、大きく異なる点がある。
 どちらもいわゆる沈胴式のズームレンズである。収納時にはレンズ群がぎゅっと圧縮されるようになって薄くコンパクトになる。しかしその方式が多少、異なる。CX3のズームレンズのほうは収納時に一部のレンズ群がレンズ光軸から横にズレる方式。ズラして畳み込むことでより薄型にできる。レンズ群待避方式である。これに対して、P10カメラユニットのズームのほうは待避方式ではなく、収納時にすべてのレンズ群が順々に縮む通常のオーソドックスな沈胴方式を採用している。そのため収納時にはCX3のように薄くない。

 P10カメラユニットとCX3を収納時の状態(メインスイッチOFFにしたとき)で2台を並べて見ると、“同じズームレンズ”とは思えないほどCX3のほうが薄型である。リコーとしてはP10カメラユニットでもCX3と同じく待避構造の沈胴方式を採用したかったのだろうけれど、しかしカメラユニットの大きさの制限もありレンズ群を待避させるスペースがなかったため、たぶん、仕方なく通常の沈胴式にしたのではないか ―― いうまでもなく、CX3のズームの光学系をそっくり流用したほうがコスト的にも有利なのだが、そこを敢えてコストアップを覚悟のうえでレンズの構造を変えている。


 レンズの構造を変更したことで ―― くどいようだがレンズ構成はまったく同じだ ―― そのために描写性能に違いが出てきたかと言えば、レンズの描写そのものについては(ぼくが見た限りでは)まったく同じようであった。撮像センサーも同じ裏面照射型の約1000万画素CMOSである。じゃあ、画質(写した画像)もP10カメラユニットもCX3も同じだよね、と思うだろうけれど、いやいや、これが違う。

 独善的断定的に言えば、文句なしにCX3よりも「GXR+P10カメラユニット」の画質のほうが良かった。たぶんユーザーターゲットのことを考えて微妙に絵づくりの“味付け”を変えているだけだろうけれど、しかし、たったそれだけのことでこんなにも違ってくるのか、と少しびっくりだった。
 両機種で撮った画像のエッジ部を見比べてみれば(目の肥えた人なら)一目瞭然だ。P10のほうが滑らかでナチュラル。ちっぽけな撮像センサーを使った最近のコンパクトカメラでよく見られるようなシャープネスだけ強くした「シロートだまし」のエセ絵ではなく、まあこれなら許せるぞ、と言ってもいいような画像になっている。彩度も、けばけばぎらぎらではなく大人っぽく落ち着いている。
 皆さん不満たらたらの超小型高画素の撮像センサーでも、(良いレンズを使って)シャープネスと彩度を少し控えめにして絵づくりをしてやるだけで ―― と、そんなカンタンなことではないことは百も承知だけど ―― だいぶ“まとも”な画像になるという見本を見た思いだった。うーん、こんなオタクっぽい話なんてどーでもいいか。(でも、つづく…)。