タムロンの自信のズーム

ニコン・D700+タムロン・SP 70?300mmF4?5.6 Di VC USD
 タムロンの注目の望遠ズームレンズであります。35mm判フルサイズカメラ対応(Di)。光学式手ブレ補正を内蔵(VC)。タムロン初の超音波モーター内蔵(USD)。良く写る。素晴らしい描写性能だ。であるのに低価格(実販5万円以下)。
 70?300mmのズームで開放F値がF4(またはF4.5)?5.6クラスのズームレンズのなかでは、おすすめナンバーワン。イチオシだね。もちろんAPS-Cサイズ判カメラにも使える。まず始めにニコンマウントから発売され、順次キヤノンマウント、ソニー(α)マウントが予定されている。

 70?300mmクラスの“優秀なズームレンズ”としては、ニコンのAF-S NIKKOR 70?300mmF4.5?5.6 G VRがある。実販価格は約6万円。ニコンのレンズにしては“破格”の安さだ。しかし、しっかりとしたソツのないツクリで、手ブレ補正(VR)も超音波モーターも内蔵してズーム全域にわたって描写性能はすこぶる良い。
 この優秀なニコンのズームよりも、タムロンのズームのほうが解像力、シャープネス(ヌケの良さ)に勝り、画面周辺部までじつに安定した描写性能を保っておりました。


 キヤノンには70?300mmクラスのズームにはEF 70?300mmF4?5.6 IS USMがあるのだが、これは ―― ぼくがいまさらコメントするまでもなくユーザーがよく知っていることだが ―― うーん、イマイチなのだ。
 だからタムロンとすれば、ニコンマウントを最初に発売するよりも、キヤノンマウントを始めに出した方がずっとインパクトもあったろうし喜ぶユーザーも多かったに違いない。実際、ぼく自身もニコンマウントのレンズよりもキヤノンマウントのこのレンズのほうを早く自分の常用ズームにしたかったほどだ。

 ではなぜタムロンはあえてニコンマウントを先に発売を始めたのか。このズームにタムロンはよほどの自信を持っているのだろう。あの優秀なズームレンズと評価の高かったニコンの70?300mmF4.5?5.6に“真っ向勝負”をしても、充分に勝算あり、と考えたからではないか。
 あちこちで比較撮影されてタムロンズームのほうが「優れている」と評価されれば話題も高まる。そうすれば、その後にキヤノンマウントを発売しても(売れる本数から言えばキヤノンのほうが文句なしに多いはず)労することなく売れていく ―― というのはぼくの勝手な推理だけどね、考えすぎかな。