細かな「大改良」をしたS95

キヤノン・PowerShot S95
 昨年の秋に発売されて“大人気”だったS90をモデルチェンジしたのがこのS95。まだまだ売れているんだからS90をそのまま継続していけばいいじゃないか、と考えるだろうけど、そうはいかない複雑な理由があるのだろう(たとえば実販価格のキヤノン予想外の低下とか)。

 新型S95は旧型S90から、あちらこちらと細かな部分で「大幅に」変わっているが、しかし外観のデザインなどはほとんど同じ。もちろん内蔵ズームレンズも同じ。液晶モニターも同じく約46万ドットの3.0型(表面がアクリルから強化ガラスに変更したぐらい)。
 高ISO感度でのノイズも含めて画質面も ―― コンパクトカメラで画質がどうのこうのと大上段に構えて言いたくないのでカンタンに述べるけど ―― ほとんど同じで、たいした違いはない(旧S90とたくさん比較撮影をしてみた、ということはS90ユーザーが画質に期待してS95を買い換えても期待はずれでしょうね)。


 でもしかし、使ってみると旧型S90と新型S95とでは「似て非なる」印象を受ける。大袈裟でなく格段に良くなっている。たとえば外装。旧S90はその表面がツルツルしていてグリップ性がきわめて悪かった。ぼくはそのホールディング性のあまりの悪さにボディ前面に滑り止めのラバーを貼り付けて使っていたほどだ ―― これについてはぼくだけじゃなくて多くのユーザーが不満に感じていたことのようだ。それが新型S95では表面の塗装を少しざらざらしたものに変更した。たったそれだけのことでホールディング性は格段に向上した。

 メインスイッチの位置が変わった ―― 旧型S90のメインスイッチはコメントするのもばかばかしいほど位置は悪いカタチは悪い、新型S95で変更もなにも始めっからS95のようにしておけよ、と思う ―― 。ボディ表面のツルツルもメインスイッチも、ユーザーだけでなくキヤノンの社内からもブーイングが相当にあったらしい。
 変更点、改良点、新機能はまだまだある。