今日もまた、ドラマチックトーン ― 3回連続

オリンパス・E-5(β版)+ZUIKO DIGITAL 12?60mmF2.8?4.0 SWD
 フツーに撮ったRAWファイルをE-5のカメラ内RAW現像の機能を使ってドラマチックトーンに仕上げることができる。でも、それはあまりオモシロくない。撮るときにドラマチックトーンを選んで、できあがりの写真をその場で見て「うわぁ」と驚くのが愉しい。

 Eシリーズ、PENシリーズのほとんどの機種はカメラ内RAW現像ができる。機種によってカメラ内RAW現像の操作方法に多少の違いがあるかもしれないが、基本的には、RAW画像を再生表示させ、その状態でOKボタンを押す。すると「RAW編集」のモードが表示される。選んでOKボタンを押す。「実行」または「中止」のメニューが出てくる。「実行」を選んでOKボタンを押すと、いきなりRAW現像が始まる。RAW現像時のもろもろの設定ができない…。

 オリンパス以外のカメラでのRAW現像は、当然ながらWBやファイルサイズや圧縮率や仕上がりモードやシャープネスや彩度やらあれこれ選んでから処理できる。オリンパスのカメラ内RAW現像はいきなりのストレート現像だ。RAW現像するときに各種の設定ができないのか、と慌て者はそう思うだろう(じつはぼくもかってはその一人だったけど)。でも、できる。だけど、じつにわかりにくいし操作がめちゃくちゃめんどう。

 なぜ、他のカメラメーカーのカメラ内RAW現像のように ―― ペンタックスのKシリーズのそれがイチバン優れている ―― RAW現像モードを選んだらそこに設定メニューを出してくれないのか、と常々不満だったわけですよ、ぼくは。


 E-5の使用説明書には、RAW編集についは「この操作を行う時点のカメラの設定で、画像が処理されます。目的に合わせてあらかじめカメラの設定を変更しておきます」としか書いていない。この“意味”わかりますか。
 つまり、ですよ、この意味はというと、RAW現像する前に、まずカメラの撮影設定を変更しておかなくてはならない。WBをオートではなくデーライトに、仕上がりモードをビビッドに、それぞれについてカメラのメニューの設定を変更する。しかるべきのちにRAW現像に取りかかる。だから目的の仕上がりになるように現像して終われば、カメラの設定を「元に戻し」ておかなくてはならない。

 奇妙なカメラ内RAW現像方法だよなあと感じているのだが、おそらく、オリンパスの考え方としては、「RAW現像をして、仕上がりを確認してそれでOKだと判断すれば、カメラの設定を変更することなくそのまま撮影が続行できるじゃないか」というものではないか。確かめたわけではないが、たぶんそうだろう。
 その考え方はけっして間違いではないのだが(良い面もなくもないのだけど)、実際の使い勝手としては、やはりとっても厄介だしヘンではないか、と思う。RAW現像するときに同じカットを設定を微妙に変えて続けて現像処理をしたい場合なんか(どれが最適な仕上がりなのか比較してみたい場合などですね)、めちゃくちゃ操作がややこしくなる。

 オリンパスは、ここはイジを張らずに、RAW現像モードを選んだときには素直にソコに設定メニューを出すという方向で改良してほしいものです。
 なお、オリンパスのカメラ内RAW現像では、いわゆる明るさのコントロール(露出調整)だけはできないのでご注意されたい。これもナンとかしてほしいなあ。