悩ましいダブルズーム

オリンパス・E-PL1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40?150mmF4?5.6
 先日、E-PL1のモデルチェンジ機種として「E-PL1s」が発表になった。外装デザインはまったく同じでカラーリングが変わっただけで、もっとも大きな変更点のひとつはISO感度がISO3200からISO6400になったこと。そしてもう1つの変更点は、ボディとキットになる標準ズームレンズも同時にモデルチェンジされ「14?42mmF3.5?5.6 II」となった。

 この新標準ズームについては話が長くなりそうなので、いずれまた、ということにして、E-PL1sには標準ズームキットとダブルズームキットが2モデルが用意され(たぶん当面はキット販売のみ)、ダブルズームキットのほうには、新しくなった14?42mm IIと、この40?150mmF4?5.6ズームレンズが組み合わされている。つまり40?150mmズームだけが“一足早く”単独で発売されたというわけだ。

 だから本来は、新14?42mm IIと40?150mmとを「セット」にして使うのがもっともおすすめのスタイルでもある。オリンパスもそれを望んでいる(たぶん)。どちらのレンズもプラマウントを採用して軽量化しているし、MSC(Movie & Still Compatible)機構を内蔵しているし、この2本だけで35mm判換算で28mm広角から超望遠300mm相当までの画角をカバーする。ま、そういうわけです。


 昨日も少し触れたがPENシリーズ用には、すでに「14?150mmF4?5.6」という高倍率ズームレンズがある。このズームを使えば、14?42mmと40?150mmのダブルズームの必要はない。たった1本のレンズで28?300mm相当をカバーしてくれるから、そりゃあそのほうが便利だし合理的。なのだけど、最新型のE-PL1sはキット販売のみなので14?150mmと組み合わせて購入したいと願ってもそれはできない。

 なんだよおオリンパス…と思うだろうけど、そこにはいろいろとオトナの事情ってものがあるんだからしょうがないじゃないですか。ここは悪いように受け取らないで良いように考えるとして、たとえば、14?150mm高倍率ズームと組み合わせると「レンズ交換」というせっかくのレンズ交換式一眼カメラの魅力を味わうことができない。でも、14?42mmと40?150mmとの組み合わせなら、レンズを交換の魅力を味わいながら撮影を愉しむことができるし、レンズを2本持っているという贅沢さも満喫できるではないか、と今回はオリンパスがそれを提案…(ちょっとムリがあるかな)。

 えーっと、それはそれとして、もしもいま、旧型の14?42mmズームを使っていて、“次の1本候補”に14?150mmか40?150mmか、どちらにしようかと迷っているのであれば、ここは40?150mmのほうをぼくはおすすめします。いや、どうしても14?150mmのレンズが欲しいというのであれば、14?42mmはまったく出番がなくなり死蔵することを覚悟しなければなりませんよ。