「宣伝」と受け取られるとイヤなんだけど

ペンタックス・K-5+DA 18?135mmF3.5?5.6 AL DC WR(β版)
 K-5の高ISO感度の画質の良さについて、いまさらぼくが述べる必要もないだろう。と、いいつつ、ひとこと、ふたこと。

 たとえば、ほとんど同じ撮像センサーを使っているニコン・D7000と高感度の画質を比べると ―― 撮影シーンや使用レンズによって多少の差異はでてくるが ―― D7000は解像感の良さ、K-5はノイズの少なさ(とくに色ノイズの少なさ)で“ほぼ互角”と言ってもいいだろう。ただし、最高ISO感度がD7000がISO25600までなのに対してK-5はISO51200まで設定が可能、ノイズリダクション処理がじつにきめ細かく設定ができる、などを考慮すればK-5のほうに軍配を上げてもいいかもしれない。

 K-5が優れている点のもうひとつは ―― この話をするとペンタックスはとても嫌がるんで、あまりおおっぴらに言わなかったんだけど ―― Photoshop や Ligtroom の最新版のRAW現像機能を使って現像すると、なんだこれはっ、と言うほどノイズレベルが向上する、良くなる、目立たなくなる。

 K-5のRAWファイル形式はペンタックス独自の「PEF」と汎用の「DNG」のどちらかを選んで撮影できる。で、現在のところ、Photoshop も Ligtroom もPEF・RAWでは現像できないがDNG・RAWなら現像ができる。DNGのRAWファイル形式を選んで撮影をして、それを Photoshop などで現像すると、K-5に標準添付されている「ペンタックスPENTAX Digital Camera Utility 4」とは“だいぶ違う”仕上がりになる。ISO感度相当で「約1.5?2.0EV」ほどノイズレベルが向上する。


 K-5の発売前にペンタックスが全国で「K-5 体感&トークライブ」の催しをやったのだが、その会場にぼくが撮影をしたISO6400やISO3200のB1サイズの写真が展示されていた。その写真は、試作機種よりちょいとマシな程度のK-5を使って撮影をした画像で、ノイズリダクション処理のアルゴリズムも未完成な状態(それでも、相当に低ノイズだったけど)。「こんなはずじゃないだろう、K-5の高感度の実力は」と、ぼくはずっと不満だった。

 その後しばらくしてから、もう一度、「K-5 体感&トークライブ」のときの写真を展示したい、とペンタックスから言ってきた。「ならば、ぜひ、同じ画像のDNG・RAWファイルがあるから、Photoshop で現像してプリントし直して下さいよ」と、無理なお願いをした。その写真が、いま、新宿のペンタックス・フォーラムに他の写真家が撮ったK-5の写真ととももに展示されている。今月の28日まで、K-5などの「貸し出し体験」も同時に開催している。ココです

 K-5の高感度画像の実力が知りたいとか、プリントしたときの画像をチェックしたいのであれば、わざわざ出かけて見てみる価値はあると思う。B1サイズ(約100×70センチ)のプリントだから、約1600万画素の画像を「ピクセル等倍」にしたときの大きさにほぼ近い。
 プリントに顔を近づけて舐めるような距離でじっくりと見てみるとイイでしょう。そこまで近づくと、むろんノイズは見えてくるけど、でも、ISO6400もの高ISO感度であることを考えれば素晴らしい画質だ。色ノイズがきわめて少ないK-5の高感度画像の特性もまた良く出ていて、高感度画像にありがちな色の破綻がまったくない。