「簡易」防滴構造とはいえ

ペンタックス・K-5+DA 18?135mmF3.5?5.6 AL DC WR(β版)
 このDA18?135mmズームは、ペンタックスの当初の「予定」ではK-5の発売と同時にレンズキットとして販売する予定だったようだがレンズの生産が大幅に遅れてしまった。結局、K-5発表時にはとても間に合わず、ほぼ一ヶ月ほど遅れて、ようやく今週中には発売される見込みだという。
 レンズキット販売はボディとレンズと別々に購入するよりも“大幅”に安くなる。だから、この「キット」を購入しようと待ち望んでいる人も多いらしい。

 約28mmから200mm相当の画角をカバーするコンパクトなズームレンズである。レンズ内モーター(DCモーター)方式である。このため、一部の古いカメラボディではAFは使用できずMFオンリーになってしまうが、こればかりはいたしがたない。
 AF作動中にピントリングが回転しないのは、当たり前だけどこれはいいですね。そして、これまた当然ながら、AF測距後に手動によるダイレクトMF切り替えができる Quick-Shift Focus System を搭載している。このシステムはペンタックスが苦労のすえに独自開発したもので、秀逸! と言える素晴らしい機能のひとつ。精密なメカニズムもそうだが、そのアイデアがじつに優秀。


 WRつまり防滴構造のレンズであるが、高級スターレンズのように“高度な”防塵・防滴構造にはなっていないが ―― そのためカタログなどには「簡易」防滴構造と書いてある ―― しかし、開発担当者に聞くと「もちろん、それなりの防滴効果も防塵効果もありますよっ」と自信たっぷりでした。

 K-5にセットした18?135mmズームを始めて手にしてズーミングしたとき、ヤケに重いのが気になった。これはじつは防滴構造のせいらしいのだ。
 「簡易」とはいえ丁寧にシーリングしてあって密封性が高く(むろんK-5も防滴構造になっている)、このためズーミングしたときにレンズ内の空気が外に出にくく、かつ、中にも入りにくいからというわけだ。
 その証拠に、18?135mmレンズをK-5からハズして、レンズ単体の状態でズーミングしてみると空気のヌケが良くなって、これがぜんぜん別もののように軽々とズーミングできる。