吸い付きタイプの手ブレ補正

キヤノン・PowerShot SX30 IS
 “世界最高”のズーム倍率を内蔵したコンパクトデジタルカメラであります。いわゆるコンパクトカメラというカテゴリーに、こうした「一眼レフカメラふう高倍率ズーム一体型カメラ」を入れるべきかどうかは別にして ―― どうも最近の傾向として、とにかく既存のグループにカテゴライズしてから考えよう、としがちで、そこから少しでもハミ出すと袋だたきにする、そう、ミラーレス一眼の「一眼呼称」がそうだったよね ―― さてSX30 IS、ここまでの機能や機構を持ったカメラなら、コレ一台でハッピー、という感じ。

 内蔵ズームレンズは広角24mmから、望遠側はなんと840mm相当のズーム倍率35倍というもの。使いものになるかどうかは別問題として約4倍のデジタルズームが可能で、これと光学ズームを組み合わせれば最大で約140倍ズームとなる。天体望遠鏡に…ならないよね、いくらなんでも。
 ステレオ録音でフルHDの動画も撮れる。手ブレ補正は静止画用と動画用があって、静止画撮影のときのブレ補正効果はシャッタースピード換算で約4.5段ぶん。

(*先ほど気づいたのだけど、動画は1080のフルHDは撮れない、なーんだ720のHD動画なのか、訂正)


 SX30 ISの、この光学式手ブレ補正が優れものなのだ。とくに高倍率ズームレンズで望遠側にしたとき、手ブレ補正のないカメラのように画面がビリビリガクガクと震えてしまうということはないが、そのかわり、ゆらりゆらりふわふわと画面が上下左右に動いて、なかなかフレーミングが定まらないカメラがある。シャッターを切る前のプレビュー状態の“ブレ防止”にも気を配っているかどうか、そのへんの違いでしょうね。

 理想的なのは、多少カメラが振れても画面がぴたりっと吸い付くように安定してくれるのがいい。フレーミングが大変にやりやすい。
 
 このカメラの手ブレ補正がその吸い付きタイプ。一眼レフ用の交換レンズにも同様のことがある。吸い付きタイプのレンズで、ぼくがいちばん感心しているのはタムロンのVCレンズ。機会があればぜひ、SP70?300mmF4?5.6ズームのファインダー画面を試してみるといいでしょう。ゆらゆらはしているけどカメラのわずかな動きにシンクロナイズしながら画面がぴたりと吸い付いたように安定している。ただし、クルマ酔いをする人は要注意で、じっと見続けていると、ゲッぇ、としてしまうかもしれません。
 で、話を戻すけれど、SX30 ISの手ブレ補正もタムロンVCレンズと似ていて、とても安定していてフレーミングもしやすい。その上、ブレ補正効果も、いや、なかなかなもんでした。