CCDかCMOSか

キヤノン・PowerShot SX30 IS
 SX30 ISが使っている撮像センサーは、てっきりCMOSだと思い込んでいた。1/2.3型で1410万画素で、いまどきCCDなんてことはないだろう、CMOSに決まってる。だからとうぜんフルHDの動画が撮れる、と思い込んでいた。ところが、何気なしにスペック表を見ていたら、なーんだCCDじゃないか ―― いや、CMOSがエラくてCCDがだめだという意味ではないですよ ―― PowerShotのほとんどがCCD。
 CCDに比べるとCMOSのほうが、超高速連写や部分切り出しや高速読みだしなどが可能でカメラの多機能化が容易にできる。高速に読み出しができるCMOSだから1920×1080ピクセルのフルHD動画にも対応できる。シロート考えではCMOSのほうがイイような気もするんだけど…。

 さて、それはさておきSX30 ISは1280×720ピクセルのHD動画までしか撮れないけど、光学35倍ズームレンズを活用して動画撮影が愉しめるような工夫がされている。例えば動画撮影に最適化した手ブレ補正。静止画撮影と違って動画撮影ではカメラを保持したまま歩きながら撮影したり、パーンをしたりすることが多い。このためブレの「質」が静止画と動画では大きく異なる。
 光学式手ブレ補正、センサーシフト式手ブレ補正を問わず、静止画撮影のときと動画撮影のときで、それぞれに最適化したブレ補正アルゴリズムに切り替えるのが理想的、それをSX30 ISではやっている ―― レンズ交換式の一眼カメラでも、(こっそりと内緒で)静止画用、動画用のブレ補正を切り替えているメーカーや機種もある。


 もうひとつは動画撮影中のズーミング。静止画撮影のときのズーミングのスピードに比べると、動画撮影のときのほうがやや遅くはなるが ―― これくらいのスピードのほうが自然なズーミング動画に仕上がるように思う ―― そのかわり、動作音が極端に小さくなる。SX30 ISにはステレオ録音の機能を内蔵させているが、それでもほとんど気にならないぐらいの静音ズーム操作ができる。

 静止画撮影の機能の中でで感心したのが「フレーミングアシスト」という新機能。35倍という高倍率ズームで望遠撮影をすると、いったい画面のどこをクローズアップしているのか、と、さっぱりわからなくなることがある。仕方なくワイド側にズーミングして、おおっソコをアップしていたのか、と納得して再び望遠側にズームする。撮影中にこれを繰り返すことも少なない。

 そんなときに活用すると便利なのがこのフレーミングアシスト機能。専用ボタンがあって、それを一押し。するとイッキにワイド側に自動的にズーミングされる。ボタンから指を離すと、瞬時に、再びもとの望遠側のフレーミングに戻る。これ、じつに便利な機能でありましたよ。