PZDってなんだ?

キヤノン・EOS Kiss X4+タムロン・18?270mmF3.5?6.3 Di II VC PZD B008
 18?270mmをAPS-Cサイズ判カメラのEOSで使うと約29?430mm相当の画角となる。ニコンのDX判だと、画角はこれより少し広角側にシフトする。これだけの高倍率ズームで手ブレ補正を内蔵させてですよ、ここまで軽量コンパクトに仕上げ、なおかつ描写性能をより向上させているのだから素晴らしいじゃないか。EOS Kissのような軽量小型のカメラボディと組合あせても違和感はまったくなく、「特別にあつらえた」ようなグッドマッチングでありました。

 タムロンは当初の企画では、このサイズで、開放F値も同じで、手ブレ補正内蔵でもっと高倍率のレンズを目標にしていたという。話を聞いてびっくりだった。しかし結果的に270mmになってしまったのだけど、それはタムロン企画担当者ならずとも、ぼくも残念至極であります。せめて18?280mmでも、相当にインパクトがあったんだけどなあ…。

 たぶんシグマのことだから、すぐに後を追いかけるように小型軽量化して(ひょっとすると18?280mmで)製品化してくるだろうけれど ―― こと高倍率ズームについてはタムロンとシグマはいつもこのパターンだが、つねにタムロンが一歩も二歩も先を進んでいるが ―― さて、シグマは果たしてこのタムロンのズームのように小型化させて描写性能の良いレンズが作れるのかな。


 さて、この18?270mmズームの名称に「PZD」と付いているが、これはなにかと言えば「PieZo Drive」の略である。つまり、ピエゾ素子(圧電セラミック)をAFのアクチュエーターに使っていることをあらわしている。
 ピエゾモーターは携帯電話内蔵レンズのAFに使用されているものもあるそうだが、カメラ用交換レンズでは初めての採用だ(たぶん…)。

 交換レンズのAFのアクチュエーターとしては、現在、超音波モーターやDCモーター、ステッピングモーターなどを使っているものが多い。DCモーターやステッピングモーターは安価だが、きめ細かな制御が苦手、大きくなりやすい、そして駆動音が発生するなどの欠点もある。超音波モーターは音はしなくてトルクもあっていいのだけど高価だし電気も食うしレンズ設計の自由度が小さい。

 ピエゾモーターは超音波モーターの“一種”とされているが、パワーはそれほど大きくない。しかし小型だし、高速だし、音も小さい(動画撮影に利がある)。ただしコントロールする専用ドライバが必要でそれがまた難しい。パワー不足については駆動させるAFレンズ群を小さく軽くするようにレンズ設計でがんばれば、なんとかなる(大変だけど)。
 というわけで、タムロンがピエゾモーターを苦労して組み込んで仕上げたレンズなのだが、このズームの注目点はこれだけじゃなく手ブレ補正の機構も大幅改良していて、しかし、それについて話をすれば長くなるので本日はここまで。