1.8インチ型LCD

キヤノン・EOS Kiss Digital N + EF-S 17?55mmF2.8 IS USM
 EF-S 17?55mmズームはEOSデジタル一眼専用のレンズなのでフルサイズカメラには使用できない。Kiss Digital NやEOS 30Dにセットすると(35mm判換算で)約27?88mm相当の画角のズームレンズとなる。開放F値がズーム全域でF2.8ということを考えると、ま、これくらいの大きさと重さはしょうがないかなと思うけれど、がんばってもう少し小さくはならなかったんだろうかそれが少し残念。ちっちゃくてかるいKiss Digital Nにこの17?55mmズームをセットすると、かなり“アタマでっかち”になってバランスがあまりよろしくない。ボディとの ―― Kiss Digital Nとの組み合わせにかんしてだけど ―― バランスは良くないけれど“写り”は上級。やはりフィルムカメラもデジタルカメラも、レンズの良し悪しが画質に大きくかかわりますなあ。ややヘボなKiss Digital Nの画質がぐんと良くなる感じ。
 ニコンDX 17?55mmF2.8と比べると描写性能は一歩ヒケをとるけれど、EF-S 17?55mmはこれはこれでなかなか味のある描写をしてくれる。とくに55mm望遠側でF2.8開放絞り値付近での描写はボケ味が甘く柔らかく上品で、しかし2絞りぶんほど絞り込むと切れ味よろしくかりっとシャープな描写になって、ぼくはこのズームをとっても気に入りましたね。なによりも手ブレ補正、IS内蔵のレンズであることに大きな魅力を感じる。大口径と手ブレ補正の組み合わせは今後のレンズのトレンドとなるに違いない。


 いまあるEOSデジタル一眼の機種の中で、ピクチャースタイル非搭載、液晶モニターが小さい、のはこのKiss Digital Nと1Ds Mark2の2機種だけ。Kiss Digital Nを使っていていちばん気になったのは液晶モニターの小ささだ。1.8インチ型で11.8万画素。ちょっとプアーだよなあ。先日、ある雑誌の記事のために中級機初級機をあれやこれや10機種ほど集めて比較撮影をしたんだけど、それらの機種を次々と取り替えて撮影をしているときKiss Digital Nを手にしたとたん「なんだこの古いカメラはッ」と思ったほどで、しかし発売からたった1年半ほどしかたたないのに…。発表になったときから、液晶モニターが小さいよなあ見にくいよなあ、と不満だったけれど、いまや、回りの機種がどんどん大型液晶モニターが搭載されていく中でKiss Digital Nだけが孤軍奮闘しているという感じもしないでもない。操作ボタン類の操作感も上級機種であるたとえばEOS 30Dなどと比べるとチープな印象は否めない。でも、売れているんですよね、このカメラは。やはり小さい軽いボディ、ほどほどの価格、キヤノンのブランド力なのか、発売からずーっとコンスタントに、大量に売れ続け、そういう意味では“大成功”なカメラだったわけだが、もうそろそろモデルチェンジかな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL