D7000の不思議

ニコン・D7000+タムロン・SP70?300mmF4?5.6 Di VC USD
 D7000には「2つ」の不思議がある。1つは、ドライブダイヤルにロック装置があるのに、モードダイヤルにはそれがないこと。D7000はボディの左肩にドライブモードを設定するダイヤルと、その上に撮影モードを選ぶダイヤルを「2段重ね」で配置している。下の段のドライブダイヤルは不用意に回転しないようにロックボタンがある。ところが、上の段の露出モードダイヤルはロック機構がなくフリー回転する。

 メカ的な機構の制約によるものなのか、それともニコンの揺るぎない考え方 ―― モードダイヤルにはロック装置はゼッタイにつけないぞ、ユーザーの不注意によって回転したとしてもそんなことニコンの知ったことか、という考え方 ―― があるのか、そのへんは不明。それがD7000の不思議の1つ。


 もう1つの不思議は、ニコンとしてはD7000で始めて搭載した「オートホワイトバランス・オート2」が、カメラ内RAW現像でも専用のRAW現像ソフトを使っても、選択して処理ができないこと。つまり、従来からのAWBならRAWファイル現像のときに選んで処理することはできるのだけど、AWBのオート2だけはJPEGで撮影しない限りその効果が発揮できない。
 せっかくの素晴らしい機能(オート2)なのに、それが自在に活用できないというのは、いったいどうしたわけなんだろうか。これもまた、ニコンの揺るぎない考えがあってのことだろうか(…ふんっ、そんなもんあるわけないだろうけど)。

 ニコンだけに限らず、どこのメーカーのデジタルカメラでもRAWファイルを現像するときには、ホワイトバランスモードはどれでも自由に選んで(変更して)処理することができる。ぼくの知っている範囲ではそれができないのはD7000が始めてのカメラで唯一のカメラだ。ときどき、ニコンはこうしたワケのわからんことをやる。理詰めでがんがん突き進んでくるようなお堅いイメージがニコンにはあるのだけど、いやいや意外とね、前後の見境なく突進していくところもあって、それがまたおもしろいところなんだけどね、うん。