びっくり仰天のコンパクトデジタルカメラ

オリンパス・SZ-30MR
 SZ-30MRは、いやはや“びっくり仰天”のコンパクトカメラであります。とうとうデジタルカメラもここまで来たか、との感慨が深い。
 デジタルカメラもレンズも将来はもっともっと変貌と進化をとげていくだろうけど、でも、すごいカメラとレンズです。ま、とにもかくにも、もし機会があればぜひ、手にとって「試して」みることをおすすめします、いや、ほんと。
 ぼくが不満に感じたのはカメラの外観デザインだけ。いささか「プチ恐竜」のようなキッチュな印象を受けなくもない。でも、その中身(撮影機能とレンズ)がハンパじゃあないから、ま、いいか。

 まず、すごいのは内蔵のズームレンズである。
 その内蔵のズームレンズは、25~600mm相当の24倍である。なのに、めちゃくちゃ小型薄型。収納時は4センチにも満たない薄さになる。24倍ぐらいのズーム倍率のレンズはなくもないけれど、しかし30MRのボディは、いわゆるコンパクトタイプだ。ネオ一眼などと呼ばれるぼってりと大きな“コンパクトカメラ”ではない。正真正銘のコンパクトカメラ。ワイシャツの胸ポケットに入るくらい薄い小さい、そして軽い。
 そのちっちゃなカメラボディに25~600mm相当の24倍ズームレンズが“こじんまり”と収まっている。


 さらに、この内蔵ズームレンズは、ただズーム倍率が24倍あるってだけでなく、25~600mmのズーム全域で、マクロモードに切り替えることなく最短40センチまでAFでピントを合わせて撮影ができる。つまり、600mm相当の超望遠にしたままで、40センチの至近距離にある被写体にピントが合って、ド・クローズアップ撮影ができるのですよ。
 すべての焦点距離域で、無限遠から至近距離まで、制約なく自由自在にピントを合わせて撮れるってことは、撮影をしていてストレスをほとんど感じさせない。肉眼で「見る」のとまったく同じ感覚で写真が撮れる。すこぶる気分爽快。

 そうして、さらに、この超高倍率ズームレンズの描写性能が ―― とくに解像力、レンズの ―― が素晴らしい。むろん、撮像センサーが1/2.3型とちっちゃなものなので、画質的には多々、アラも目立つけど ―― ノイズリダクション処理を控えればイイんだと思うが、たぶん、オリンパスはノイズをとことん嫌ったんだろうね、やや強引 ―― しかしレンズそのものの実力(描写性能)は、ズーム倍率のことを考えれば飛び抜けて素晴らしい。
 こうしたコンパクトカメラ用の、それも1/2.3型程度の小さな撮像センサー用のレンズの性能を一定レベル以上に確保しようとするには、レンズ設計者だけでなく、鏡枠設計、製造現場も、それはそれは並大抵の努力ですむことではない。一眼の交換レンズとは、ぜんぜん別次元での難しさがある。

 うーむ、このあたりのレンズの話をしだすと、とめどなくなるので本日はここまで。いや、この30MRはレンズだけでなく、撮影機能もこれまたすごいのだよ。それは後日に。