シグマの2本のレンズ

キヤノン・EOS Kiss X50+シグマ・50mmF1.4EX DG HSM
 ここしばらく、シグマ「50mmF1.4」と「85mmF1.4」の2本の単焦点大口径レンズをニコンやキヤノンの“低価格機種”と組み合わせて使ってきた。Kiss X5もX50も、D5100も小さくて軽いボディで、そのボディに“大きくて重いレンズ”をセットして使ってみたわけだが、メーカーが“推奨”する小さくて軽くて安い標準ズームレンズの「写り」とはひと味もふた味も違うことをあらためて実感した。
 これらのレンズを使うと、大きくて重くなりハンドリングはけっしてイイとはいえないけど、期待以上の「写り」をしてくれる。F1.4大口径のF値にも勇気づけられて「よしっ撮ってみよう」とい気持ちにもさせくれる。

 このシグマの2本の「F1.4レンズ」はフルサイズ判カメラ対応のレンズだ。APS-Cサイズ判カメラに、それも低価格機種で使うのはちょっぴり“贅沢”な気分。でもね、あえてそうした“贅沢”をしてみるのもよろしいのではないか、と思うわけです。
 安っぽくて写りもそこそこの標準ズームレンズ(とは、言い過ぎだけど)を使って、のほほん、と写真を撮ることをいったんやめて、気合いのこもったレンズを使って、エイヤッ、と撮影してみるのも(たまには)よろしいのではないか。
 ひょっとすると、おおっ自分にはこんな写真センスがあったのか、とあたらめて見直すかもしれませんぞ(保証はできないけど)。

 ぼくは以前にも言ったことがあるけど、「カメラを買い換えても自分も写真も変わらないぞ。レンズを変えれば自分も写真も変わるかも」と。


 さて、シグマの50mmF1.4と85mmF1.4だけど、85mmF1.4のレンズほうが50mmよりも描写性能は“だいぶ良い”ですね。とくにF1.4の開放絞りでの描写は、50mmレンズでは球面収差のせいかややフレアーっぽくて切れ味もよろしくない。むろん、1~2段絞り込むだけで良くはなるけど、それは当たり前のこと。
 いっぽうの85mmの描写は、50mmレンズとはだいぶ違って開放絞りF1.4でもじつに切れ味がよくフレアーっぽさがほとんどない。同じシーンを同じF1.4で撮り比べたのだけど、85mmF1.4レンズでは“いっぱつ”で満足できたのに、50mmF1.4レンズでは「ピントが合ってないんではないか」と何度も撮り直したほどだ。
 どちらのレンズか、と言えば文句なしに85mmF1.4のほうですね。ボケ味も(だんぜん)85mmF1.4のほうがいい。ボケても像に芯があって自然だ。50mmF1.4はふにゃふにゃ像が崩れすぎる。

 ぼくはレンズをチェックしたり評価したりするときは、徹底して「実写主義」を通している。「実写」というのは、室内でレンズチャートを写して解像度やコントラストをチェックすることではない。格子模様の壁を写して歪曲収差をチェックしたり、青空を写して周辺光量不足をチェックしたりすることではない。そんな“机上テスト”をしたり“アラ探し”したって、レンズのほんとの実力なんてわかりっこない(レンズの“一面”を見ることはできるだろうけど)。

 自分の手で、自分のスタイルで、自分がいつも撮っているような被写体を、距離を変えたり絞りを変えたりして、あれこれ写す。撮影シーンも撮影条件も自分ではよくわかっているから、写した写真を見ての正しい評価もできる。これがぼくの言う「実写」だ。だからぼくは他人が撮った写真を見てゼッタイにレンズの評価なんかしませんよ。そんなもん、ハナっから信用してない。