フォーカルプレーンシャッターってナンだ?

キヤノン・EOS Kiss X50+タムロン・18~270mmF3.5~6.3 Di II PD

 Kiss X50に採用されている前幕なしの後幕だけの“画期的なシャッター”だが、これを「フォーカルプレーンシャッター」とよんでいいのかどうか。
 フォーカルプレーン(プレン)シャッターとは、撮像面の前で2枚の布幕または金属幕が左右あるいは上下に走行して……という「写真用語解説」からすればX50のそれはあてはまらないことになる、のかな。

 そうそう、ところで、ぼくはこの2枚の幕のことを「前幕と後幕」と言ってるけど、“正式な”カメラメカニズム用語としては「前幕」とはいわず「先幕」であります。前幕、は俗称。ちなみに英語では「Front curtain」と「Rear curtain」。
 前幕ではなくて先幕じゃないのか、前幕とはいわん、とのご指摘を受けましたです。すんませんでした。

 で、話をもとに戻しまして、フォーカルプレーンは英語では「Focal-Plane」だ。Focal-Plane とは焦点面のこと。これには2枚の幕がどうのこうのの意味はない。だから、幕が2枚であろうが1枚であろうが、焦点面の前で1枚であろうが3枚であろうが幕が走行すればフォーカルプレーンシャッターということになる、のかな。
 んで、キヤノンはこのX50のシャッターのことをどう言ってるのか、といいますと、カタログのスペック表には、はっきりと「フォーカルプレーンシャッター」と書いてある。間違いじゃないよね。でも不親切…しょうがないけどね。
 もちろんKiss X5も、「フォーカルプレーンシャッター」である。シャッタースピードの連動範囲もストロボ同調スピードもまったく同じ。でも、シャッターの機構は根本的にぜんぜん違う。


 さて、Kiss X50の単幕フォーカルプレーンシャッター(あ、ぼくの造語です)と撮像センサーによる電子シャッターとの組み合わせには、どんなメリットがあるかといえば、もちろん機構がカンタンになることだ。複雑で精密なシャッターの制御メカニズムが必要なくなる。カメラの小型化と低価格化(ここ、ポイント)が最大のメリットだ。

 だからどのカメラメーカーも、ずっと以前から撮像センサーによる電子シャッターの研究を続けている。フィルムカメラの時代でも偏光フィルターを利用してシャッターの代用にならないか研究されていたこともあった。X50の前幕電子化シャッターは(あ、これもぼくの造語)、完全電子シャッターの前段階に過ぎない。近い将来には、フォーカルプレーンシャッターは電子化されて、2枚の幕が走行するようなシャッターなんて、なくなる、かもね。

 ところで、ぼくは考えるんだけど、しょせんシャッターのメカニズムなんてナンでもいいわけであります。シャッタースピードさえ正しく制御できて、壊れないで、きちんと写ってくれれば、なーんでもいい。まずカメラにとってかんじんなことは気軽に「写せる」こと確実に「写る」ことですよ。
 とはいってもですが、カメラは写せる、写るだけ、の機械ではイカンですね。難しいけど、ここが大事、大切。

 このX50のシャッターについて、少し言い忘れたことがあったので、それについては後日。