カメラの価格

ニコン・COOLPIX P300

 いま、このP300は発売開始から3ヶ月ぐらい経過している。発売が始まった頃のメーカーの希望小売価格は約4万円。それが今では実販価格は3万円以下になっているところも多い。カメラメーカーとしても、このような価格の下落はある程度は「おりこみ済み」なのだろうけど、それにしても最近、カメラが低価格化しすぎていることと、価格の下落スピードが激しすぎるように思う。

 低価格化の原因については複雑な要因がたくさんあるのだけど、ひとつはっきりと言えることは、けっしてメーカーが仕組んでることではないということ。メーカーは困り果てているというのが現状だ。「なにを言っておるか、安くなればいいじゃないか、ナンか文句があるのか」と反論されるだろうけど、ごもっとも、その通りですね、としかぼくには言えない。

 カメラが安くなったことに文句を言っているわけではない。それによってたくさんの人たちが気軽にカメラを購入し写真を愉しむことができるようになったのだから。
 しかしですよ、カメラは、いま「安すぎ」ます。
 あんな価格でそこそこの性能のカメラを作り、売り、利益を得るってことは、もうそろそろ「努力の限界」に来ているんではないかとさえ感じる。いまメーカーは必死でコストダウンしている。そのコストダウンの「しわ寄せ」の悪い影響が最近のカメラではあちこちに見られる。しわ寄せ、の被害者は誰あろう、わたしたち消費者なのだ。


 「そんな値段じゃあ高すぎるぞ」とか「もっと安くならないと買わないぞ」という人たちが多い。だからメーカーはユーザーに気づかれないようにこっそりとコストダウンをする。その結果、カメラが安っぽくなったり、愛着の湧いてこないカメラになってしまう。
 もう少しコストをかければもっともっと良いカメラができるのに、でも、そうすると価格が高くなる。売れない。利益がでない。いまのカメラの価格が続けば「良いカメラ」が出てくる可能性はだんだんと低くなるでしょうね。

 コストダウンによるわたしたちが受けるわかりやすい「しわ寄せ」のひとつがある。バッテリー充電器が同梱されなくなったことがそうだ。このP300にもバッテリーの充電器はパッケージには入ってない。必要なら別売として購入しなければならない。充電器を省略することでコストダウンしているのだ。
 ではバッテリーの充電はどうするのかといえば、本体充電、つまりP300にバッテリーを装填したまま専用ケーブルを使って、AC電源経由で充電する。だから充電中は予備のバッテリーを何個用意してあろうが、かんじんのカメラ本体そのものが充電器と化しているのだから撮影に使うこともできない。

 カメラの価格については、みなさんにもいろいろとご意見もありましょうが、ぼくは、いまのこの現状はいくらなんでもイカンと思いますよ。いずれその「しっぺ返し」はわたしたちに返ってきます。