PENTAX Qの体感イベント

ペンタックス・PENTAX Q+01 STANDARD PRIME

 自慢でもなんでもないんだけど、ぼくはだいぶ前から、デジタルカメラ前のフィルムカメラのときから、「新製品カメラ」を人よりも先に使う機会が多い。発表前だったり、発表後であっても発売までだいぶ先に持ち歩くことが多い。
 新型カメラを持ってると 見ず知らずの人に声をかけられたり―― 発表前のカメラは見つからないように注意してるからソレはないけど ―― 知り合いが集まったときには(機種によっては)それをネタに話題が盛り上がることもある。

 でも、新型カメラといっても千差万別であります。カメラに詳しい人にとっては興味津々の機種でも、ごく一般の人たちにはまったく興味を示さず見向きもされないということはよくあることだ。


 ところがこのPENTAX Qは、カメラに興味ある人、ない人、男性、女性を問わず強い反応を示す。「なに、それ」とか「うわ、かわいい」とか「へー、これが例の」とか、とにかく皆さん、注目してきますねえ。そういう点で言えば、新型カメラを持って歩くことの多いぼくにとっても珍しいことだ。それだけ視覚的にも注目されるカメラだと言えるかもしれないですね。

 だから、例えばだけど、とにかく“目立ちたいっ”という人には(たぶん)うってつけのカメラかもね(半分、冗談ですよ)。

 そうそう、本日(9日)と明日(10日)の2日間、東京の新宿で、このPENTAX Qの「体感イベント」が開催されるんですね。交換レンズをつけたりはずしたりシャッター切ったりタッチアンドトライできるそうで、もしその機会があれば、よくシャッター音をチェックしてみるといいでしょう。シャッター音が良く聞こえるようにして連写モードで撮ってみるのもよし。そのときレンズは「01 STANDARD PRIME」または「02 STANDARD ZOOM」がおすすめだけど、お遊びレンズも試せればそれもおもしろかもね。
 ボケコントロール(BSモード)は、おそらく、まだまだの状態でしょうから、あまり期待しないほうがいいと思う。

 メニュー画面を見て操作し始めると、いくら時間あっても足りなくなるのでテキトーにしておいたほうがイイでしょう。クイックダイヤルにはチャレンジしてみるといいけど、これは説明をしっかり聞かないとわかりづらい(ぼくは、いまだに使い方がよくわからん)。
 今日か明日、ぼくもちょっと見に行こうかなあと思っております。見かけたら「やあ」と声でもかけてください。