魔性を秘めたカメラ

シグマ・SD1+85mmF1.4 DG HSM

 SD1が使用するFoveon X3センサーはその構造上(詳細は省略)、一般に使用されているベイヤー方式といわれる撮像センサーの画素数と比較するときに、独特の数え方をする。SD1のセンサーの有効画素数は「4800pixel×3200pixel×3=約46MP」と、カタログなどに表記されている。

 この画素数の数値だけをみれば、フルサイズ判やAPS-Cサイズ判を問わず35mm判一眼レフカメラのスタイルのデジタルカメラの中では、もっとも記録画像サイズが大きいことになる。一般的に、撮影した画像サイズが大きいほど、ほんのちょっとしたピント精度の狂いや微細なブレも際だって目立ってしまい「失敗」の大きな原因となる。


 こういう言い方をするのはSD1のユーザーに対して失礼になるかもしれないが、「失敗」なくSD1を使いこなして高画質な写真を得るにはよほど熟達した撮影技術を備えていなければならない。
 ブラさずにピントを正確に合わせて撮る基本技術はもちろんだが、もともと不安定な測光やWBやAFの性能しか備わってないので、それをうまくカバーしつつ撮れる高度な技術も持ってなくてはならないし、さらに、RAWで撮影をしてそれを自分が望んだ画像に仕上げられるだけの処理技術も必須となる。

 とにかく、使いこなしが大変に難しいカメラであること、使いこなすには覚悟が必要なカメラであることは確か。
 でも、その難しさを克服してSD1のポテンシャルを存分に引き出すことができれば(まぐれ、でも)、じつに素晴らしい描写の写真をものににすることができる。「至福」とでもいおうか、その写真に出会ったとき、少年が見てはいけないモノを見てしまったようで、こころは千々に乱れてしまう。魔性を秘めたカメラ、と言えなくもない。
 だから、SD1のようにAF、AE、WBがほんと頼りなくても、魔性に罹ってしまったのだからそんなことはどうでもよくなる。ますますSD1の世界にどっぷり浸かり、SD1から抜け出せなくなる。
 そうでしょう? SD1のユーザーの方々。