DXの標準ズーム

キヤノン・EOS Kiss DX + EF-S 18?55mmF3.5?5.6 II
 EF-S 18?55mmレンズは、Kiss DXのキット販売される標準ズーム。初代Kiss Digitalには「I型」、二代目のKiss DNにはレンズ構成などスペックは同じで外観を少し変更しただけの「II型」がキット販売されて、こんどのKiss DXにもそのまま「II型」をレンズキットに使っている。可もなく不可もなく、といった感じの、ま、軽い小さい安い、が取り柄のレンズか。
 初代Kiss Dが630万画素だったわけで、その程度の画素数のカメラにはそこそこバランスがとれてはいただろうけれど、さて、1010万画素もの高画素になったKiss DXと組み合わせて、レンズの実力が1010万画素に応えられるかどうか、少し心配…。


 そこで、あらためてKiss DXと18?55mmをじっくりと撮影をしてみたんだけれど、少しハイコントラスト気味の描写であるが、いやあこれが予想を裏切ってよく写るのだ。EF-S 17?85mmF4?5.6 ISと比較撮影してみたら、まったく遜色のない写り、どころか条件によってはそれ以上なのだ ―― この17?85mmがちょっとだらしない描写なのを再発見してしまったけど、でも好きで愛用している…。というわけで18?55mmは軽い小さい、そして安いだけが取り柄のレンズでなく、1010万画素の高画素にもそこそこ耐えられるだけの“チカラ”を備えたズームであることにちょっぴり感心し、見直してしまった。
 ただ、今回のKiss DXの標準ズームとして、18?55mmぐらいのIS内蔵の小型低価格ズームがあれば、ほんと、言うことなかったんだけどなあ、それが残念。

 二代目のKiss DNは (ぼくには) もうひとつノリの悪いカメラだった。ところが、この三代目Kiss DXは、なぜなんだろうか理由がいまだによくわからないのだけれど、二代目とは大違いで、使っていてじつに愉しい。操作性が (格段に) 良くなっていることAFの測距性能が(素晴らしく)良くなっていること液晶モニターの視認性も向上していることなんかが使っていて気分を良くさせてくれているのかなあ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL