最高のスナップショットカメラ

リコー・GR DIGITAL IV

 先日からの twitter にもぶつぶつと述べたが、ぼくはGR-Dシリーズを初代I型からずっと見続け使い続けてきたけど、このGR-D IVで完成度がいちだんと高まったという印象だった。II型からIII型になったときはレンズが新しくなるなど誰が見ても分かる文字通りのフルモデルチェンジだった。
 それに対してこのIV型は、外観を見る限りIII型とほとんど違いはないほどのマイナーチェンジ。わずかにパッシブAFの小さな窓で見分けがつくぐらい。しかしその中身はといえば、シリーズの中で「進化」の度合いがもっと大きいとぼくは思う。

 キープコンセプト。頑ななまでのキープコンセプトではあるが、GR-Dたるゆえんをもっとも具現化したカメラに仕上がっている。GR-Dたるゆえんとは、最高のスナップショットカメラであるということ。
 ま、そのへんの話は、もう少しGR-D IVを使ってから、おいおいとしたい。


 と言いながら、IV型の液晶モニターのことだけ、少し報告しておきたい。
 とにかく、明るいシーンでのモニター画面の視認性が抜群なのだ。たまたま出かけた快晴の、くらくらするほどの明るい茅ヶ崎海岸で、画面の端までくっきりと視認ができる。同じ場所で取り出した旧GR-D III型の画面を見たとき、なんだナンだこれは、と愕然としてしまった。それほど新IV型画面がくっきり鮮やかに見えた(III型ユーザーの気分を害してごめん)。これには驚いた。現行のデジタルカメラの液晶モニターの中では秀逸、ピカイチだろう。

 スナップショットカメラの必要条件として(たくさんあるけど)、あらゆるシーンで確実にフレーミングできるカメラであること、も大切なひとつだと思う。「ファインダー」が見づらかったり見えなかったりすれば、シャッターチャンスもフレーミングもあったもんじゃない、と、そう思いませんか。