ソニーのメッセージ

ソニー・NEX-7+LA-EA2+ミノルタ・AF100~300mmF4.5~5.6

 「LA-EA2」は、一眼レフカメラ用のαマウントレンズをNEXシリーズのEマウントレンズとして使用できるマウントアダプターである。マウントアダプター・LA-EA2には半透明ミラー(トランスルーセントミラー)と位相差AFモジュールとAF駆動モーターの3つのメカニズムを組み込んでいる。これにより、旧ミノルタ時代のαレンズもNEXシリーズのカメラでも位相差AFを使ってスピーディーにピント合わせができる。

 αマウントのAFレンズには、ボディ内AF駆動方式とレンズ内AF駆動方式のふた通りがある。LA-EA2はその2つのAF方式に対応するマウントアダプターだいうこと。
 じつはLA-EA2は“二代目”のマウントアダプターである。初代はLA-EA1。こちらは言ってみれば、αマウントのレンズがNEXで使用できるだけ、のマウントアダプターだった。AFでのピント合わせはNEXの像面を使ったコントラストAFで可能だったけれど、AFスピードは遅い ―― αレンズはほんらいは位相差AF用として開発されたレンズだからしょうがない。さらに、ボディ内駆動のαレンズではAFはまったく動作してくれない。
 そこで開発されたのがLA-EA2というわけだ。そもそも、このアダプターがどれだけの数量売れるのか、開発努力や開発費用など、そんなことを考えればLA-EA2の開発者たちの「意地」を感じざるを得ない。


 このマウントアダプターについて、大きいとか不細工だとか使い勝手が悪いなどと文句言う人がいるようだけど、とんでもありませんよ。最近に発表されたソニーのカメラやレンズなどもろもろの中で、いちばんすばらしい製品だ。

 位相差AFシステムと半透明ミラーと駆動モーターをまとめて組み込んだメカニズムも感心した。その複雑な機構を内蔵させて、よくここまでコンパクトに仕上げた。そしてもっと大変だったと思われるのは、アダプター内で位相差AFをしてその信号をNEXボディに伝え、NEX側でAF駆動を制御し、その信号をアダプター側に、高速でかつ確実に伝えることだったのだろう。
 旧ミノルタ、コニカミノルタを経てソニーに移った古いシステムカメラとレンズと、そのユーザーを見捨てないで、しっかりと継続して守っていこうとするそのソニーの姿勢だ。いささか大袈裟だけど、カメラづくりの気概と信頼を感じさせられる。たかがマウントアダプターだけど、このアダプターには「ソニーの責任と覚悟」という大きなメッセージが込められているように思いますね。

 新しいシステムに、古いシステムとの互換性を持たせようとすると、新しいシステムに制約や制限が生じてくる。新しいシステムで画期的なことをやろうとしても、古いシステムが“足を引っ張って”、自由な創造の翼を広げることができなくなる。
 とくに最近の電子式マウントでは通信のインターフェースが複雑になっている。古いシステムをうまく制御させようとすると、さらにがんじがらめになって新しいシステムに犠牲が出てくる。そんなことなら、いっそのこと古いシステムなんかにこだわらずに切って捨てればいい、とぼくは常々そう考えていたけれど、このソニーのLA-EA2を見たとき、自分のその浅い考え方に恥じ入りました。