トキナーの広角ズーム2本の不思議

ニコン・D3S+トキナー・AT-X17ー35mm F4 PRO FX

 このズームレンズの描写は、決して「切れ味鋭い」というものではないけれど、広角ズームレンズ特有のヘンな歪みも、画面周辺部への引きつりもなく、とにかく写りがナチュラルなのがいい。F4の開放絞り値から使用できるのもいい(そりゃあコマかいこと言えばキリないけど)。手ブレ補正を内蔵していたら、このレンズ、どれだけおもしろかっただろうかと使っていて何度かそう思った(無理な注文であることは百も承知千も合点だ)。
 レンズのデザインはシンプルで(もともとトキナーのレンズはややストイックな印象を受けるデザインのレンズが多いのだけれど)操作感も良い。ぼくはこうした何げないスタイルのレンズにとっても魅力を感じる。


 ところでトキナーにはもう一本、同じくフルサイズ判対応の広角ズームレンズがある。「AT-X16ー28mmF2.8 PRO FX」がそれで、カバーする焦点距離がだいぶ“かぶって”いる。16ー28mmのほうがはF2.8のコンスタントF値、17ー35mmはF4のコンスタントF値で、大型量販店での価格は16ー28mmが約7万9千円、いっぽう17ー35mmは7万7千円でほとんど同じ。(この2本のズームを並べたのがこれ)

 かたや(16ー28mm)はF2.8の明るい絞り値、広角よりのズーム域であるが、デカい重い前玉が飛び出している。こなた(17ー35mm)はF4とやや暗めの開放F値であるが、それほどコンパクト軽量なレンズとは言えないし(比べれば格段に小型軽量だけど)、実販価格もそれほどの「差」はない。描写は17ー35mmもワルくはないんだけど比べると16ー28mmのほうがいい。

 という条件を比べながら2本の広角ズームを見ていると、トキナーはなぜ、こんなにも焦点域も価格も“重なった”レンズをラインナップしたのか、そのへんが不思議ですねえ。