スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年のキーワードは「高画質」

シグマ・SD1+17ー50mmF2.8 EX HSM DC

 今年、2011年に発売されたカメラの中で、もっとも印象に残る一台をあげるとすれば、シグマのSD1を真っ先に取り上げたい。デジタルカメラのことの、いろんなことを考えさせられた一台だった(詳しい話は長くなるのでやめるけど)。

 じつは、このSD1は発売のだいぶ前からベータ版を使っていて、その後、ほぼ製品版に近い機種も使い始めたちょうどころに「実販価格は約70万円ぐらい」という発表を聞いた。正直に言うと、「いくらナンでも、そりゃあナイよ」というのが感想でありました。SD1をしばらく使っていて長所も短所もわかってのうえで、「まあこれくらいの価格ならイイせんいくんじゃないか」と考えていたところに約70万円だから、そりゃあびっくりでしたよ。いまでは60万円を下回るぐらいの価格になっているけど、いやそれでもまだ…。

 いやしかし、いっぽうでは、SD1は“予想外の高価格”であったほうが、結果的にはよかったんではないか、とも思わないでもない。
 もしこれが20万円そこそこの価格であったとしたら、SD1の使いこなしのとんでもない難しさをまったく知らずに、飛びつくように買った人から「大ブーイング」がおこって、きっと収拾がつかなくなったんではないか。そんな気もする。ちょっと使ってみればわかるけど、SD1はそのへんのことを重々覚悟をしたうえで手に入れ、我慢と忍耐をして使いこなすカメラなのだ。こういっちゃなんだけど、ちゃらちゃらした気持ちでSD1を使うと、すこーんっと足下をすくわれてしまいかねない。


 シグマもやっぱり「SD1が約70万円」というのは、いささかトビすぎてしまったと感じているところもなくもない(先日、山木社長にインタビューしたときに、ぼそぼそとそれに近いことを言ってましたから、あ、これは誌面にはでてませんけど)。
 だからというわけでもないだろうが、近々にSD1と同じAPS-Cサイズ判の、価格のもっと安い一眼レフカメラを出すようなことを匂わせていた(これまた、ヘンに誤解をまねくとイカンということで誌面ではカット)。

 つまりシグマは、いまSD15やDPシリーズなどに使っている“ふた回り”ほど小さな“APS-Cサイズ判”のフィビオンセンサーをやめて、SD1に使用しているAPS-Cサイズ判センサーに切り替えていくようで ―― 天気予報のようなハナシだけど ―― それを使ったカメラが来年、早いうちに発表されるのではないだろうか。


 ところで、これはシグマの話題とは直接関係ないことだけど、来年、2012年のデジタルカメラのキーワードは、すばり「高画質」です。
 デジタル一眼、ミラーレス、コンパクト、レンズ、スマートフォンを問わず、すべてにわたって「高画質」があらためて見直され優先されるでしょうね。新しい機能を備えたカメラやレンズがあれこれ出てくるでしょうが、どれもが「高画質」を目標にしているはずです。もし、「高画質」のコンセプトから外れたカメラやレンズが出てくれば、それは失敗作となるでしょうね、あははは…。ま、このへんの話はまたいずれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。