カシオのカメラはあれこれ23機種がラインナップ中

カシオ・EX-ZR20

 カシオのカメラには、現在のラインナップに(3月発売予定の機種も含めると)合計23機種もある。どの機種がどんな特徴(特長)があるのか、これじゃ、よほどのカシオファンでもない限りわからない。どの機種も、画素数とズーム倍率、液晶モニターサイズの組み合わせだけが変わっているだけで、基本的な性能はどれもこれも同じように見えてしまう。とてもややこしい。
 じつはぼくもよくわかっていないのでエラそうには言えないが、現行23機種は大別すると、「ハイスピードエクシリム」と「エクシリム」のふたつのグループにわかれる。

 「ハイスピードエクシリム」のグループには6機種、「エクシリム」のグループには17機種ある。では、ナニを根拠に「ハイスピードエクシリム」と「エクシリム」でグループわけされているのかといえば、「ハイスピードエクシリム」のほうは約30コマ/秒の高速連写の機能を備えているものに限定しているという。もうひとつのエクシリム・グループはそれ以外の機種、つまり高速連写機能のない機種であるという(カシオ広報部の担当者からの受け売り)。
 で、その高速連写機能を備えた「ハイスピードエクシリム」の中の最新型カメラが、このEX-ZR20というわけだ(3月中旬の発売予定)。


 ZR20は25~200mm相当の8倍ズームレンズを内蔵させて、1/2.3型の1610万画素CMOSセンサーのカメラ。以下、カタログスペックの、これまた受け売りだが、「起動時間が約1.4秒」、「AF時間が約0.13秒(ワイド端、当社測定条件で)」、「レリーズタイムラグが約0.015秒(AFロックしてから)」、「撮影間隔が約0.26秒(16GBSDHCカード使用時)」という具合に、とにかく高速をウリにしている(いろいろと言い訳らしい条件はあるけれど)。
 確かに、動作すべてがシャキシャキしていて、使っていてじつに気持ちいい。短気な人にはぜひ、おすすめのカメラだぞ。

 ところが、少し気になることがあって、いま現在の実販(予想)価格が約3万8千円ぐらいなのだ。というのも、このZR20の上位機種として、昨年の秋に発売になったEX-ZR200という機種がある。こちらのZR200のほうは、画素数もモニターサイズもZR20と同じだが、24~300mm相当の12.5倍のズームを内蔵している。ハイスピードエクシリムのトップモデルだが、ZR20と撮影機能はほぼ同じ。で、現在の実販価格はといえば3万円ぐらい。
 ZR200のほうは、ZR20に比べるとボディの厚みが少しあるだけで、高さと幅はほぼ同じ。内蔵ズームが12.5倍なのだからそれはしょうがない。でもしかし、ズーム倍率が勝っていて画素数も同じで(写りも同じで)、ZR200のほうが安い、というのだから新型ZR20としては、ちいと「立つ瀬」ないよなあ、と思う。