美術工芸品のようなカメラ

キヤノン・IXY 3

 このIXY 3は、最近のコンパクトデジタルカメラの中で、いま、もっとも注目している機種のひとつである。とにかくデザインがいい、外装の仕上げがよい。大袈裟じゃなく、まるで美術工芸品のようなコンパクトカメラである。いや、ほんとにキヤノンはこうしたカメラを作らせると、じつにウマい。センスがいい。
 新型IXYには「1」と「3」があって ―― 「1」と「3」との機能的機構的な違いはのちほど説明するとして ―― いま手にして、褒めまくっているのはIXY 3のレッドカラーの機種である。カラーバージョンには、「1」にはホワイトとブラックがある。「3」にはシルバー、ブルー、そしてレッドのカラーモデルがラインナップされている。

 中でもIXY 3のブルーとレッドのカラー塗装が大変に凝っていて、それが素晴らしい仕上げなのだ。均一に美しく塗装されていて、光にかざしてカメラを傾けるとグラディエーションが微妙に変化する。アルミボディに塗装する前にスピンドル加工を施している。それが塗装の「中から」浮かび上がってくる。
 レンズリング部とその他ボディ部の金属加工方法や、塗装方法を変えていて、とくにレンズリング部の塗装に感心する。聞くところによると、このレンズリング部の塗装は熟練した職人が手作業で手噴き加工をして仕上げているという。大変な手間をかけているだけあって、独特の艶があって質感もある。高級感もある。


 コンパクトカメラはいま、種類も多くなり多様化し、さらに飽和状態となっている。どんどんと低価格化している。作っても売っても(ほとんど)もうからない。そんな状況の中で、他のカメラとの差異感を出して注目してもらい買ってもらうには、機能や機構を特化させるという方法もあるが(じつはこれがムツかしい)、もうひとつが「持ちモノ」としての美しさや高級さのあるカメラに仕上げるという方法である。つまり、外観デザインの良さだ。ダサいデザインのカメラはどんなに機能が優れていても、そのた大勢、に紛れ込んでしまう。いまのコンパクトカメラはそういうもの。

 見栄えよく美しく仕上げるには、高い製造技術も必要なのはいうまでもないが、なによりもコストも手間もかかる。そこを敢えて思い切り、果敢にチャレンジと工夫をしていかないと、これからのコンパクトデジタルカメラが生き残っていくには難しい。スマートフォンという「大敵」もあり、人件費の安い海外のメーカーが超低価格のカメラを大量に出てきて、大きく前に立ちはだかってくるからだ。

 デザインが良いだけでもだめで、写真を撮る道具(カメラ)としての機能や機構も充実していなければならない。そこに手抜きがあってはならない。小型軽量、高倍率ズームで、そこそこの高画素も狙っていかなければならない。
 このIXY 3は、大変に小型軽量にもかかわらず内蔵ズームレンズは28~336mm相当の光学12倍ズームレンズを内蔵させている。12倍ですぞ。採用している撮像センサーは1/2.3型の、総画素数約1680万画素(有効画素数約1010万画素)の裏面照射型CMOSである。

 あれっ、と、お気づきになったでしょう。そうです、総画素数と有効画素数の「差」がありすぎますね。差し引き約670万画素は、いったいどこに行ってしまったのか。さあ、その理由を考えてみましょう…。