スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全画素超解像ズーム

ソニー・α57+DT 18ー55mmF3.5~5.6

 α57に内蔵の「オートポートレートフレーミング」については“画期的な”と言ってもいいほどの撮影機能だと前回に述べた。人物撮影に限定してはいるが、撮影した写真を自動トリミングして“よりよい構図”の写真に仕上げてくれるもの。つまりトリミングして仕上げるわけなんだけど、通常、トリミングするとオリジナル画像よりも出来上がりの画像サイズは小さくなる(あたりまえだ)。

 ところがα57ではトリミングしているのに画像サイズはオリジナル画像と同じに仕上げられるのである。トリミングした後にカメラ内で拡大リサイズしているからだ。さらにまた、通常は単純に拡大リサイズすると、画像の“アラ”も同時に拡大されて(見かけ上の)画質は低下する。しかし、α57ではこのリサイズ処理をするときに「全画素超解像」という技術を使って(既にソニーのコンパクトデジタルカメラで採用済み)解像描写力をアップさせる処理を加えて画質を“向上”させている。

 このソニーの全画素超解像の技術についてぼくには詳細な知識はないのだけど、ごくカンタンに言えば、あらかじめサンプリングして得たデーターパのターンに従って撮影した画像の領域を決め、それぞれの領域ごとにシャープネスの強弱を最適にコントロールしながらフル画素の超解像画像に仕上げるというものだ。


 この全画素超解像の画像処理をオートポートレートフレーミングの撮影機能のときだけではなく、デジタルズーム撮影の時にも使って一般的なデジタルズームの画像よりも画質を“向上”させている。さらにデジタルズーム=トリミングしているのに画像サイズは元画像と同じ。それが「全画素超解像ズーム」だというわけだ。

 α57のボディ背面上にあるZOOMボタンを押すと全画素超解像ズームに切り替わる。撮影時の画像サイズの設定によってズーム倍率は異なるのだが、Lサイズの場合は2倍まで倍率がアップする。たとえば18ー55mmレンズでは、全画素超解像ズームをONをすれば18ー110mm相当までの画角で撮影できるようになり、さらに全画素超解像の技術を使って画質も“向上”させて仕上がる(とかなんとか、まるでソニーの宣伝文みたいになっちゃったけど)。

 ここでぼくが注目していることは、つまり、全画素超解像のような画像処理技術がもっと進化し、さらに画素数の高画素化が進んでいけば(実際、もうかなりの高画素化が進んでいるけど)、デジタルズームのように「トリミング処理」をしてもそれほど画像の劣化をせずに、そこそこの画質を保ちつつ手軽に望遠撮影が愉しめるようになるのではなかろうかということだ。
 最新の超解像技術と言えども、“目くじら”をたてて画質を見れば文句もツッコミどころもいっぱいあるだろう。でもしかし、「写せるか写せないか」という基準で考えれば、全画素超解像ズームのような撮影機能は(とくにビギナー向けのカメラには)大いに将来性と価値があるのではないだろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。