手のひらに隠れる600mmレンズ・その1

オリンパス・OM-D E-M5+トキナー・Reflex 300mmF6.3 Macro

 このレフレックス300mmは、トキナーレンズとしては初のマイクロフォーサーズカメラ用レンズである。35mm判換算で約600mm相当の反射式望遠レンズだ。反射鏡と屈折レンズを組み合わせてレンズ鏡筒内で光路を折り曲げる ―― これをカタジオプトリックタイプという ―― ことで超小型の望遠レンズに仕上げている。レフレックスタイプとかミラー式とか反射式などともいう。

 このレフレックス300mmレンズは撮像センサーの小さなマイクロフォーサーズ用だから、さらにいっそう小型軽量に仕上げることができた。レンズ全長が約66ミリ、レンズ径も約66ミリで重さは約330グラム。両手の手のひらの中にすっぽりと隠れてしまうほどの小ささだ。上着のポケットに入ってしまう。


 一般的にだけど、カタジオプトリックタイプの反射望遠レンズの特長は、小さい軽い、のほかに色収差がほとんどないことだ(他の収差も少ない)。これが長所。
 逆に短所としては、絞り機構を組み込むことが非常に難しいこと(記憶が曖昧だけどムカシ絞り可変のミラーレンズもあった)、AF化もまた非常に難しいこと(しかしミノルタが初めてAFに対応させた)、フレアーが出やすくコントラストがやや甘くなること(だからレンズフードはぜひ必要)、そしてボケがドーナツ状のリングボケになること(これは欠点とは言い切れない、長所かもね、好きな人も多いから)。

 このレフ300mmは絞りはF6.3の固定式でマニュアルフォーカス専用だが、600mm相当の超望遠レンズにもかかわらず最短撮影距離は80センチである。これがとても愉しい。ワーキングディスタンスを十二分に確保しながら、まるで超望遠マクロレンズのように使える。
 こうした撮影のときはピント合わせやブレには相当に神経質にならざるを得ないけれど、遠くからでもピンポイント的にクローズアップフレーミングして撮影ができる。
 (このレンズの描写や使いこなしのハナシは次回にでも)