ニコンの必読「テクニカルガイド」

ニコン・D800E+タムロン・SP24ー70mmF2.8 VC

 D800もD800Eも、カメラの持つ実力を発揮させるように使いこなすには、それなりの撮影テクニックが必要。安易な気持ちで撮影していると、思わぬしっぺ返しを喰らうだろう。その撮影テクニックは簡単なようで、じつはとても難しいこと。いや、たぶん多くの人はその「テクニック」の内容を聞くと、なーんだバカにするなよ、と一笑に付すに違いない。
 そのテクニックとは、「正確にピントをあわせること」、そして「ブラさないで撮影すること」のたったふたつ。このことは撮影の基本の基本のことだけど、とくにD800/D800Eのように高画素のカメラになればなるほど、これが「確実に」できるかどうかで仕上がりの写真は決定的に違ってくる。性能の良いレンズを使う必要があるとかないとかは二の次。

 このようなことはぼくがくどくどと述べるまでもなく、ニコンが、ユーザーに充分に覚悟を持って使いこなすようにと「テクニカルガイド」を出している。17ページほどの“デジタル版小冊子”がニコンのホームページに“こっそり”とPDFファイルで置いてある。ここのページの右下あたりにあるPDFファイルがそれ。
 もし、D800/D800Eを使って高画質の写真を撮りたいのであればこのテクニカルガイドは必読だ。いや、D800/D800Eユーザーでなくても、ニコンユーザーでなくても、少しでも高画質の写真が得たいのであればゼッタイに読んでおいたほうがイイと思う。大変に重要なことが(基本の基本のことばかりだが)懇切丁寧に書いてある。


 初心の気持ちで読んでみることが大切だけど ―― たとえば 、しっかりとした三脚を使ってブラさないで撮ること、に始まって、位相差AFに頼るのではなくライブビューでコントラストAFまたはMFでピントを合わせて撮ること。回折現象を避けるために絞りすぎないこと。手ブレ補正レンズを活用すること。もし位相差AFで撮影するならシングルポイントAFを選ぶこと。
 ソンなことオレわかってるよッ、誰にモノ言ってるんだよ、と、ふんぞり返った声が聞こえてきそうだけど、さらに、狙ったところに正確にピントを合わせること。被写体ブレを少なくするために高速シャッタースピードを選ぶこと。高速シャッタースピードが得られにくい状況なら高ISO感度を利用すること、などなどだ(多少、脚色してるけど… ま、内容はこんなところ)。

 おすすめのニッコールレンズも書いてある。しかし、それを読んで「そのレンズを使わないとD800/D800Eでは高画質が得られない」と誤解する人も少なからずいるに違いない。そう考えるのは、大きな間違い、はなはだしい思い過ごし、過度な思い込み。
 むろん高性能なレンズであれば良いにこしたことはないが、もしそこそこの性能しかないレンズであっても、そのレンズの性能のほぼ100%がD800/D800Eで引き出せるようになった、と考えることもできる。いままでのカメラだったら、そこそこのレンズの、その性能さえもフルに発揮するこもできなかったけれど、新しいカメラと組み合わせることでそれができるようになったとすれば、それはそれで「とても良いこと」ではないのか。