大雪山層雲峡

キヤノン・IXY DIGITAL 900 IS
 つい先日キヤノンが発表したいわゆる“秋モデル”のコンパクトカメラは、どの機種もじつによくできておりますね。ひじょうに完成度が高い。さすがのキヤノン、余裕のキヤノン、出し惜しみのキヤノン、あとだしジャンケンのキヤノン…毀誉褒貶、なんと言われようが、今回のキヤノンのコンパクトデジタルカメラはいいです。
 ぼくの勝手な見方だけど、キヤノンのコンパクトカメラは今年の“春モデル”のあたりから俄然よくなってきているように感じる。いままでの呪縛が吹っ切れたようで、歩幅がぐんっと広くなって胸を張って正面向いて闊歩し始めたような印象なのです。それまでの機種はどれもこじんまりと良くまとまっていて「良い子」に仕上がってはいるのだけどイマイチおもしろみに欠けているようなところがあった。“春モデル”の中ではPowerShot 710がとってもよくできたカメラだったけど、“秋モデル”ではこのIXY DIGITAL 900 IS ―― 900 ISのほか、IXY DIGITAL 1000、IXY DIGITAL L4、そしてPowerShot G7 ―― が、その中ではピカイチのデキだと思う。新映像エンジン・DIGIC IIIの搭載はともかくとして(その実態がぼくにはよくワカラン)、キヤノンの“独自開発”と言っている顔認識撮影(顔優先AF/AE)がこれがまた、いきなり素晴らしい完成度なのだよ。この詳細についてはおいおいと。


 ところで、いま九州は福岡のいるのだけど、数日前には北海道・大雪山。山の上の方は紅葉が美しかった。「盛りを過ぎた」とか「まだまだこれから」とかあれこれ不満を言う“常連さん”もおりましたが、ぼくは右を見ても左を見ても上も下もどこもかしこも美しかった。三日間、撮影三昧でした。そのうち二日間はこれ以上ないというほどの快晴。朝方はかなり冷え込んで層雲峡の麓あたりでも2?3度ぐらいになってしまう。寒さにめっぽう弱いぼくなんぞはダウンジャケットを着込んで震えておりました。
 三日目は雨だったので、「しょうがないねえ、糠平湖でも見て帰るか…」と少し遠回りをして空港に向うことにした。そういえば糠平湖は何年ぶりだだったのかなあ。前回来たときは厳冬期で、あるクルマのメーカーが新型車の耐寒テストをするのを取材するため。わざわざ早朝のいちばん温度が下がる時間帯を選んで、真っ暗メチャ寒むの中でエンジン始動テストなんかすんだけど、そんなもんいつまでも見てられるもんじゃあない。ぼくは早々に退散しましたよ、マイナス25度!なんて初めての経験だったもんねえ…。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

CANON IXY DIGITAL 900 IS のレビュー・記事リンク集:製品レビュー追加

キヤノンのIXY DIGITAL 900 IS の製品レビューや記事などをとりまとめています。