LOEWEとPENTAX Q

ペンタックス・PENTAX Q MAGENTA PINK+01 STANDARD PRIME

 スペインの高級ブランド・ロエベ(LOEWE)と、ペンタックスがコラボレーションして作ったのが「PENTAX Q MAGENTA PINK」である。今年2月のCP+のペンタックスリコーブースにLOEWEの小さなバッグ(カメラケース)やポシェット(レンズケース)と一緒に参考展示されていて、それを見た人も多いだろう。ぼくはてっきり、LOEWEのカメラケースとレンズケース、それにピンクの Q の3つをセット販売するものと思っていた。高いんだろうなあ、と。

 ところがカメラだけでも買えるんだって…ということを聞いて、買っちゃったわけです。PENTAX Qの解説本(クイックハンドブック・インプレスジャパン)を書いた手前もあって…。しかし、専用のLOEWEのカメラケースもレンズケースも、まったく興味なしでカメラのほうのみ(無粋でごめん)。
 で、このPENTAX Q MAGENTA PINKはというと数量限定で100台のみ。01 STANDARD PRIMEレンズとセットになって約7万円。売っているところは、東京は表参道、銀座、そして名古屋と大阪のLOEWEの店など限られている。どんな販売スケジュールなのかなど詳しいことはぼくは不明だが、まだ、どこかの店に行けば買える、らしい(カメラ店には売ってない)。


 ボディ上下がピンクで、グリップがグレイ、ボディ前面が淡いイエローホワイト。モードダイヤルやコマンドダイヤルの周囲が薄いピンクに仕上げられていて、うん、これはなかなかよろしい。
 しかし残念だったことは、カメラストラップがいままでのPENTAX Qと同じダサくて素っ気ない黒色。これじゃあだめだ、ということで、Nikon 1に同梱されているホワイトのカメラストラップをヨドバシカメラへ買いに行った。
 少し価格がアップしてもいいから、LOEWE製の、とは言わないけれどカメラストラップぐらい、もうちょっとナンとかならなかったものか。もうひとつは、ポップアップ式ストロボのステーが、これも真っ黒だったこと。ひと工夫、ほしかったぞ。

 いや、ひと工夫、はなくもない。LOEWEとコラボしたPENTAX Q MAGENTA PINKだけに搭載されている撮影モードがある(というほど大袈裟なものではないけど)。スマートエフェクト(ボディ前面のクイックダイヤルでセットするあれ)の「OROモード」である。ORO(オロ)はスペイン語でゴールドの意味があって、ペンタックスの説明によれば「ロエベのシグネチャーカラーであるスペインの自然界に存在する大地や日没の輝く夕陽をほうふつとさせる」(イマイチよくわからないけど)、そんな仕上がりになるエフェクトモードだという。

 OROモードで撮ってみると、アンバー系のフィルターを使って写したような雰囲気の写真に仕上がりました。上の写真がそれ(あははは、スペイン風にはほど遠い被写体だけど)。ま、これはこれでイイんじゃないの、というわけで、いま、このPENTAX Q MAGENTA PINKは妻の手元に。