75mmの使いこなしのヒントとして

オリンパス・OM-D E-M5+M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8

 この75mmF1.8レンズのオリンパスが希望する小売価格は約12万円。しかし市場での「価格」は、たぶん、いきなり9万円ぐらいになるところもあるのではないか。いやそれにしても、「希望価格」とか「オープン価格」、「参考価格」、「実販価格」、「実勢価格」とか、じつにややこしい。コレ、もうそろそろナンとかならのだろうか。
 ま、それはともかく、このレンズの価格は当初、ぼくが予想していたよりもちょっと高かった。しかし、使ってみればわかることだが、ダントツに優れた描写性能やレンズ外観のツクリの良さを考えれば、これくらいの値段は「納得」の範囲内だと感じるはずだ。買ったあとに、「うわーっ、こりゃあドジをしたかな」とは、まず思わないレンズだ。

 姿カタチの美しいレンズである。外観を見て持ってみるだけで、いかにも「良く写りそうだなあ」と思えてくる。実際、撮ってみても素晴らしい描写だ。開放絞り値でも絞っても描写性能はそれほど変化がない。つまり開放絞り値からガシガシ使えるレンズということでもある。
 逆光にも強い(これはレンズにとってとても大切なこと)。レンズフードがなくてもいい、と思えるほど。フレアーが大変に少ないからヌケが良い。画像がクリアーでとてもシャープに見える。ただし、写りすぎる、という贅沢な“欠点”もなくもないのが困ったところ。


 レンズフードといえば、レンズ本体には付属していない。別売の約8000円ほどもする専用フードを購入しなければならない。その別売フードはボディの材質やデザインにあわせた“金属製高級フード”である。
 しかし、そんな高価なフードは必要ない、プラスチックで安くてフードの役目さえすればいい、と思っても、それがない。このへんが、オリンパスの“ずうずうしい”ところで、結局フードが欲しければプラス8000円(予想実販価格)を出しなさい、というわけだ。ついでだから言うけれど、レンズキャップもまた、見たら欲しくなるようなのを別売(約4000円)でこっそりと用意している。それを買わせようとたくらんでおるのか(あははは、それはナイだろうけど)、標準付属のレンズキャップはといえばスマートなレンズ本体とには決して似合わないほど安っぽいのだ。

 贅沢な「写りすぎる」の“欠点”を解消する方法として、ぼくは、わざと見かけ上の解像感を落とすようにして撮ってみた。すると、とくに人物、それも女性のポートレートをバストアップぐらいで撮るときには、なかなか効果的でありました。
 高感度ノイズ低減機能を「強」にしてから、シャープネスを「マイナス1~2」にする(マイナス1がおすすめ)。ノイズ低減を強くするとシャープネスが低下するから、それを利用する。オリンパスのカメラは“高感度ノイズ低減”とはいうものの“低感度”から効かせている。コントラストも必要に応じて「マイナス1または2」にする。こうするだけで、解像感はそこそこ保ったまま、女性が嫌う「小じわ」や「シミ、そばかす」のたぐいはだいぶ目立たなくなる。髪の毛の描写も“針金ふう”から“コヨリふう”に少しだけ柔らかくなる。

 75mmレンズが飛び抜けた解像描写性能を備えているのに、画像処理がそれに「追いついていない」というのが、ぶっちゃけたところのようだ。具体的に言えば、シャープネス(エッジ強調)の「線が太い」からで、もっと「線の細い」シャープネス処理を施せば、75mmレンズの良さがさらに引き出せたのではないだろうか。同じことはニコンのD800Eの画像処理にも言える。