1.0型センサーの謎を暴露する

ソニー・DSC-RX100

 RX100の撮像センサーは1.0型の約2020万画素CMOSである。1.0型のサイズは「13.2×8.8mm」だ。とうぜんながらソニー製のセンサーだろう。
 ところで1.0型のセンサーといえば、そう、Nikon 1が採用しているセンサーがその1.0型である。サイズは「13.2×8.8mm」でRX100のものとぴったり。こちらはソニー製ではない(と言われている)。
 このナントカ型と呼ばれるセンサーサイズは同じ“型”であっても、実際の寸法はばらばらまちまち。APS-Cサイズしかり、2/3型だって1/1.7型だって「実寸」は微妙に異なる。ところが、メーカーの異なるこの1.0型センサーのサイズは、コンマmm単位までぴったりの13.2×8.8mmである(コンマmm以下の数値や、パッケージングされた外寸サイズについては不明だけど)。

 RX100のスペックを見てナニに驚いたかといえば、このセンサーサイズだった。センサーのアスペクト比も同じ「3:2」なのだ(画面アスペクト比は別だ)。
 Nikon 1が3:2にしたのは、FXフォーマット(35mm判フルサイズ)、DXフォーマット(APS-C判サイズ)があってそれぞれが3:2アスペクトを採用してきているため、そのライン上に乗せ統一させるためにも3:2である必要があったのだろう(この1.0型をCXフォーマットと名付けている)。
 ソニーの場合、レンズ交換ができない“いわゆるコンパクトデジタルカメラ”のアスペクト比は、すべて4:3である。ところが、同じレンズ固定式であるRX100はといえば、これだけがアスペクト比が3:2なのである。ひとつの不思議は、なぜソニーはRX100で、あえて3:2のアスペクト比を採用したのだろうか、ということ。


 もうひとつの不思議は、なぜソニーはNikon 1と同じ1.0型センサーを採用したのだろうか、ということだ。
 ぼくは、センサー事情に詳しいいくつかのメーカーの知人に、なぜ13.2×8.8mm(1.0型)のサイズにしたのだろうか、ウエーハーからとれる効率の良いサイズが13.2×8.8mmサイズだったのだろうか、13.2×8.8mmにすると歩留まりが良くなるのだろうか、なんてことを聞いた。ところが、誰もはっきりとしたことを言ってくれない。「そんなこと、どーでもよろしいやないですか」と言う人もいた(うん、ごもっともです)。

 ま、それはともかくとして、ソニーが(ソニーの半導体事業部が)Nikon 1に採用されているセンサーとサイズもアスペクト比もそっくり同じものを作ったのは ―― この際、思い切って暴露してしまうけれど ―― Nikon 1の“次機種”にそのセンサーを使ってもらうためである。すでに約束はできているらしい。
 センサーのサイズやアスペクト比が同じなら使用するレンズもマウントサイズもなにもかも、そのまま流用できる。メリットはめちゃくちゃある。

 ただし、懸案があって、それはセンサー内蔵の像面位相差AFの機構をどうするかだ。
 1つの策は像面位相差AFにこだわらずに、画素数を重視して従来のコントラストAFだけの2020万画素のNikon 1を作ること。このカメラは来年には、Nikon 1の新しいシリーズとして出てくる予定になっている。だからこそ、先日発表されたNikon 1 J2は、あんなにマイナーなチェンジしかしなかったのだ。
 もう1つの策は、新しくセンサーの設計をして2020万画素(以上の)センサーに位相差AF機構を組み込むことだ(すでに完成している、とも聞いている)。それを来年前半の新型Nikon 1に採用する。このこともすでに決まっている。


 ……というのは、真っ赤なウソです。ぼくの作り話です(すまん)。