スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこしだけ肥満体になったD7000ってとこかな

ニコン・D600+AF-S NIKKOR 24ー85mmF3.5ー4.5G

 D600はフルサイズ判の2430万画素CMOSセンサーを使った(フルサイズ判一眼レフにしては)小型軽量のカメラである。いままでのフルサイズ判一眼レフカメラに比べれば、確かに“小型軽量”ではあるが、でも、過度に期待するほどちっちゃくカルくはない。もし現行D7000ぐらいのサイズにおさまってれば、「おおっ」と感動ものなのだが(ムリな注文ですね)、ま、ざっとふたまわりほど大きい。
 そりゃあしょうがない、と思わなくもない。たとえばAPS-Cサイズ判のD7000のメインミラーと、このD600のそれを見比べてみるだけで、フルサイズ判一眼レフに使用しているパーツ類がいかに“大きい”ものであるかがわかる。そんなこんなを考えれば、内蔵ストロボも省略せずに視野率を100%を確保しつつ、がんばってよくここまでダウンサイジングしたものだと感心もする。

 しかしD600の「特徴」はといえば、その小型軽量化“だけ”で、おっと驚くような飛び道具も備わっていない実にジミな(言い換えれば、とことんオーソドックスな)カメラではある。
 Wi-Fi内蔵であるとかGPS内蔵であるとか、はたまたD800Eで気をよくしたニコンのことだからしてローパスフィルター“なし”のモデルもあるに違いないと、ぼくは予想していたが、あにはからんや、そんなもんはなーんにもなくて大変に「クソまじめ」なカメラだったというのがストレートな印象。


 カメラの操作スタイルは、わずかな違いはあるがD7000とソックリだ。モードダイヤルにロックが付いたのはヨカッタ(D7000はロックなしなのでスカスカ回るので困った)。
 ニコンは、このD600のポジションを「D7000の上位、D800の下位」と言っていた。それを聞いて、APS-Cサイズ判とフルサイズ判をごちゃまぜにして機種ポジションを語るようになったのだなあ、と少し感慨深いものがあった。

 D600は、ちょっとだけ肥満体型になったD7000のようで、D7000ユーザーならほとんど違和感もなく使えるに違いない。ぼくはときどきD7000を使って撮影しているかのような錯覚をしたこともあったぐらいで、それくらい気軽な気持ちになって(APS-Cサイズ判カメラを使っているような)扱えるフルサイズ判デジタル一眼レフカメラだということでもある。(ところで、ハナシが少し横道に逸れるが、フルサイズ判一眼レフとAPS-Cサイズ判一眼レフの各社の今後のラインナップ予想などについては、9月20日発売の「デジタルカメラマガジン」で10数ページにわたって、ぼくが大胆予想特集をしているからして興味あるかたはそちらを読んでくださいませ)

 その画質などについては、気が向いたらまた、ということにしましょうか。明日からしばらく出張なんで(あ、フォトキナのケルンじゃありませんよ、いにしえのナラとかキョウトどす)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。