スナップショットフォーカスモードのピント合わせ

オリンパス・E-PL5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

 12mmF2、45mmF1.8、75mmF1.8に続くマイクロフォーサーズ用の大口径単焦点シリーズに新しく加わったのがこの17mmF1.8レンズである。
 レンズのスタイル(使い勝手)やテイスト(描写のクセ)は12mmF2レンズに似ているように思う。鋭利な刃物ですぱっと切れるようなシャープさ少ないけれど、解像力と諧調描写力は充分に備わっている。そんなところが12mmF2と似ているが、17mmF1.8のほうがややコントラスト、先鋭感があるように使ってみてそう感じた。はっきりしていることは45mmF1.8や70mmF1.8のように鋭いシャープさと高い解像感があって誰が見ても「すばらしい描写力だ」という"わかりやすい"レンズとは少し違う。

 シャープネス、コントラスト、諧調描写性、解像感について、とてもバランスのとれた良いレンズだ。4本の大口径単焦点シリーズの中ではいちばん「好き」な写りをするレンズである。うまく言えないけれど、なんだか、しっくりとする描写、つんつん尖ったところのない描写、ほっとする写り、という感じ。


 12mmF2レンズに似たスタイルだと言ったのは、この17mmF1.8も、12mmF2と同じスナップショットフォーカス機構を採用している。この機構は、フォーカスリングを手前側にスライドすると瞬時にAFからMFに切り替わり、距離目盛りを見ながら「目測」ですばやくピントを合わせて撮影できるというものである。
 つまり、カンタンに言えばゾーンフォーカス。リニアにピントが合わせられる通常一般的なMFではない。被写界深度を利用してパーンフォーカス撮影をするもので、この機構を利用するとリニアで正確なピント合わせはできない。12mmF2レンズもそうだ。

 だから ―― ここによく注意しておかなければならないことだが ―― たとえばテストチャートを撮影して解像力のチェックをやろうとしたときに、MFを選んでしっかりとピントを合わせて撮ろうと、ピントリングをスライドさせ「MFモードにしたつもり」で撮影をしてしまうと(ゾーンフォーカスなのだから)厳密なピントチェックはできないということになる。
 17mmF1.8の描写性能がよろしくない、といったテスト結果をインターネット上で見かけることがあるのだが、ひょっとすると、このスナップショットフォーカスモードを通常のMFモードとカンチガイして撮ってるんではないか、と疑いたくなる。素晴らしい描写性能を持ったレンズなのだから"悪い"なんてとても納得できないからだ。
 このレンズを使って正確にピントを合わせて撮るにはAFがいちばんのおすすめだけど、もう1つのMFを選べば正確にピント合わせもできる。それについては次回に。