フードが別売のことと、ブラックモデルについて

オリンパス・E-PM2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

 オリンパスの交換レンズのほとんどは、レンズフードが別売になっている。レンズフード別売は、なにもオリンパスだけではなく他のメーカーでもやっているところはある。ただ、そうしたメーカーは最近は少なくなっている。高倍率ズームレンズ用のレンズフードの効果についてはあれこれの意見もあるだろうし、もともとフードを必要としないユーザーもいるかもしれない。しかし、使う使わないはユーザーの自由として、レンズにとってフードはレンズキャップと同じように必要な標準付属品ではないだろうか。ぼくはそう考える。

 せめて、12mmF2、45mmF1.8、75mmF1.8、そしてこの17mmレンズには、プラスチック製のレンズフードでもいいから標準で付属しておいてほしかった。60mmF2.8MACROの専用レンズフードなんかプラ製だけど、とっても良くできていて「ぜひ必要なフード」だと思うのだが、別途、5千円も出して購入しなければならない。17mmの別売フードは金属製で約7千円。
 75mmも12mmも約1万円もする立派な金属製しかない(45mmの別売フードはプラ製の、どーってことのないフードだけど4千円近くもする)。「12mmや75mm、17mmは高品位な金属鏡筒レンズなので、安っぽいプラ製フードは似合わない。そこで特別製の金属フードを用意しました」と、オリンパスは言うに決まっているが(そうは言ってないけど)、でも、とりあえずはプラ製フードでいいからそれを使っていたい、というユーザーもいるはずだ。


 フードのほかにもうひとつ17mmF1.8レンズについて思うところがあって、それはシルバーモデルのみでブラックモデルがないこと。12mm、45mm、75mmはレンズデザインからしても、ブラックモデルがとっても良く似合いそうなスタイルのレンズだし要望も多かったはずなのに、17mmもまたシルバーモデルだけ。オリンパスに聞いても、「ブラックモデルの販売予定はない」とそっけない返事なのだ。
 ところが、12mmだけは特別キット(世界限定3000セット)として、金属製フードやレンズキャップをセットにして、えらく"もったいぶって"販売を始めた。

 先日たまたま、その12mmF2の「リミテッドブラックキット」を見せてもらう機会があった。そのキットを見て、「ナニもここまで大袈裟にやらなくてもいいのに…」と唖然としてしまった。
 ともかく、ま、この12mmブラックキットの写真を見てみるといいだろう。

 (1) キットが入った化粧箱には薄紙が丁寧に巻き付けてある。(2)(3) 薄紙を外して箱を開けると、また薄紙が1枚。(4) 大きな化粧箱の中に、小さな化粧箱が5つきれいに並んでいる。(5) 小さな箱を取り出すと、5つのうち4つ(レンズ本体、レンズフード、レンズキャップ、プロテクターフィルター)の箱にはまた薄紙が巻き付けてある。薄紙なしの箱はダミーで、大きな化粧箱にきちんと入れるためのもの(なんてこった)。(6) ブラックタイプの12mmを"拝顔"しようと丁寧に薄紙を取りレンズを取り出したのがこれ。正直言って呆れましたね。

 もっと肩のチカラを抜いてですよ、ごくごくフツーのブラックモデルを販売してくれればいいのになあ、と、コレを見て思った次第。