いままで撮れなかったものが撮れるカメラ

キヤノン・PowerShot SX50 HS

 前回のここのブログで「最高連写速度は約10コマ/秒」と書いたけど、それはキヤノンのホームページのSX50 HSの公式のスペック表を見てのこと。「ハイスピード連写HQ(連続撮影):約10枚/秒」とある。ところが同じSX50の解説ページを見ると「12.1メガのフル画素で最大約13枚/秒の連写を実現」とある。いったいどちらなのか。いま、だいぶ前に書いたぼくのメモ帳を取り出して見たら「約13コマ/秒 ―― 10カット」とあるなあ…。

 ま、そんなことはどーでもいいんだけど、このSX50は高倍率超望遠ズームレンズにもかかわらず、AFが速く確実であること、手ブレ補正が良く効くことがなんとといってもこのカメラの魅力だろう。
 手ブレ補正(IS)の機能がじつに多彩。(1)静止画IS ―― ごく普通の手ブレ補正。(2)流し撮りIS ―― ヨコ流し撮りしたときタテ方向のブレを抑える。(3)ハイブリッドIS ―― 角度ブレ補正と平行ブレ補正が同時に働く。(4)三脚IS ―― 自動的にISを停止する。(5)パワードIS ―― 動画中や超望遠での大きくゆっくりとしたブレを補正する。(6)ダイナミックIS ―― 角度ブレ補正と回転ブレ補正、動画の歩き撮りに向く。

 といった具合で、これらを撮影シーン(58シーン205パターンを認識)に応じて自在に自動で切り替わるという(自動切り替えってのが、これがイイ)。とにかくSX50 HSを使っていて強く感じたことは、撮れなかったもの写すことが難しかったものが、いともカンタンに撮れる写せるってことだった。新しい写真表現のためには、こうしたカメラがなによりも嬉しい。


 一眼レフカメラのような姿のレンズ一体型カメラで、こうしたスタイルのカメラはフィルムカメラ時代から続くもので ―― ムカシのカメラはどうだったこうだった、だからいまのカメラは、なんてジジクサイことは言いたくないけど ―― ブリッジカメラとかニューコンセプトカメラなんてよばれていた。一時的にだけど流行った。
 時を経てデジタルカメラ時代になって、いつのまにかこうしたスタイルのカメラがどこのメーカーからも"安定継続"して発売されるようになった。古くからのスタイルを維持しつつ、長年かかって、少しずつ確実に機能や性能を向上させているから良くなるのは当然のことかもしれない。
 こうした一体型スタイルのカメラは国内ではそれほど話題にならないけど、海外市場、とくに米国市場では相当に人気があるそうで、だから続いているのだろう。

 ところで、カメラは日本国内の「人気」だけを見ていては、そのカメラのホントウの魅力はわかりにくい。多くのカメラメーカーは国内市場よりも文句なしに海外市場にウエイトをおいて ―― 国内市場を軽んじているというわけではないけど ―― 企画し開発している。クルマだって同じだ。ニコンにしてもキヤノンにしても他のメーカーもそうだけど、国内と海外の販売比率が「天と地」ほど違うってカメラはザラにある。先日もカメラメーカーのある人にインタビューしていたときも、「そうですねえ、このクラスのカメラでしたらだいたい国内が1~2割、海外が8~9割といったところでしょうか」と話していた。

 だからどーしたっ、と突っ込まれてもぼくは困るんだけど、いや、ですからカメラはね、とくにデジタルカメラは(レンズもそうだけど)、どうしても世界中の、カメラやレンズを買ってくれるユーザーのことを「第一」に考えて企画され開発されているということと、今後はその傾向がもっと強くなっていくんではないか、と、そんなことをぼんやりと考えているわけですよ。