ぼくは24-70mmF4Lを選びたい

キヤノン・EOS 6D+EF24-70mmF4L IS USM

 大型量販店での実販価格を調べたら、「EF24-70mmF2.8L II USM」のほうは約21万円で、「EF24-70mmF4L IS USM」が約14万円だった。ちなみに、ニコンの24-70mmF2.8が約17万円、手ブレ補正内蔵のタムロンの24-70mmF2.8が約10万円。
 キヤノンEF24-70mmの、F2.8とF4の2本を見比べてみると、大きさ重さは価格ほどの「差」はない(ジョーダンですよ、価格と大きさ重さは関係ない…いや、少しはあるかな)。フィルター径は82mmと77mm。

 これが並べて撮ったレンズの姿写真で、左がF2.8、右がF4、全長の短いほうが収納時の24mm端、長いほうが70mm端。インナーフォーカスだからピント距離でレンズ全長に変化はない。約800グラムと約600グラム。


 写してみると、24-70mmF2.8 IIの描写は(何度も言うけど)素晴らしい。開放F値もF2.8で大口径だし、その開放F値から充分に実用可能な描写性能がある。ところが手ブレ補正(IS)の機能がない。描写性能を最優先して機能的にはシンプル(地味)にしたレンズだ。
 いっぽうの24-70mmF4は、開放F値は1段ぶん暗いけれどIS(ハイブリッドISだ)を内蔵している。魅力的なマクロ撮影の機能も備わっている。多機能レンズ。写りの性能も充分に良い。最近のカメラの高ISO感度の画質の良さを考えれば、フィルム時代のカメラじゃないのだから開放絞り値1段ぶんの違いはそれほど気にすることもないだろう。

 というわけで、写りや機能、価格などあれこれを総合的に考えると、ぼくは24-70mmF4のほうをチョイスしたい。
 こうした常用の標準ズームレンズは、フットワーク良く、手持ち撮影で、なんでもかんでも被写体を選ばずに撮影をしたいので、少しでもレンズが小さく軽くて、手ブレ補正の機能もあって、最短撮影距離が短いほどイイと考えているからだ。コストパフォーマンスのタイヘンに高いレンズだ。

 じゃあ24-70mmF2.8 IIのほうはどうなのかといえば、三脚撮影をいとわない人、わずかでも描写性能が良いレンズがほしい人、1段でも明るいF値のレンズがほしい人、などにおすすめしたい。とくに、三脚を使用した撮影スタイルをかたくなに守っているような人には、価格のことなどぐちゃぐちゃ考えずに思い切って24-70mmF2.8 IIのレンズをチョイスしたほうが幸せになれる、と思う。